ゴルフ豆辞典 トップ > 読書室 > ショットの正確さ サイトマップ
ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典
コンテンツ目次
全国 ゴルフ場 ガイド
検索  予約
直前割
 
ゴルフ読書室

ショットの正確さ


ゴルフの醍醐味は、ボールを遠くに飛ばすことと考えている人も少なくないだろう。しかし、ゴルフの本当の醍醐味は、ショットの正確さにある。ゴルフの究極の目的は、如何に少ない打数でホールアウトするかであるから、当然とも言える考え方だが、一般ゴルファーの多くがこのショットの正確さ、特に、スイングの速さと距離のコントロールと言うことについて研究が足りないようです。同伴プレーヤーが使ったクラブに比べ 自分の使ったクラブが それより短いクラブであることに変な満足感を覚えている人も居るようだが、そんな人は 自分のゴルフを良く見直してみる必要がありそうだ。

まず、第一に 基準となるフルショットの打ち方を考えて見よう。大雑把な概念だが、通常、7番アイアンで力一杯打って 160ヤード飛ぶとしたら、基準となるフルショットは 150ヤード位に設定するものである。要するに 8割くらいの力でスイングする訳だが、ポイントは、ただ単に距離を抑えるのではなくて、安定したパワー、テンポ、バランスで、リピータブルな(再現可能な)スイングを自分のスタンダードなフルスイングとして身に付けることである。また、クラブフェースの芯が点であるとするとボールを出来る限りその芯に近いところで捕らえることも重要だ。そして、芯でボールを捕らえるという観点から、ショットが最も安定するスイングのスピードとテンポを見つけ出すことが上達の鍵である。

さて、それでは体重移動、体の回転、力の入れ具合など(総称して体の動き)とクラブヘッドのスピードについて考え方を整理しておきましょう。一般的には、体の動きを大きく、早くすることでクラブヘッドの動きも早くする訳ですが、その関係をグラフにしてみると右のようになる。体の動きに無駄がなければ、さほど体を動かさなくともクラブヘッドのスピードを上げることが出来、無駄の少ない人であれば A のようなラインになるが、無駄の多い人は B のようなラインになる。

前述のリピータブルな良いゴルフスイングを身に付けるためには、2つの課題が出てくるはずです。一つ目は B のようなスイングではなく A のようなスイングを身に付けること。そして、二つ目は 自分のフルスイングは どの位の力(体の動き)で打つべきかということを決めること。例えば、150ヤードのショットを 色々なアイアンで打って見たり、ドライバーでコントロールショットを打ってみたりしながら、体の動きを抑えて、ゆっくりとしたテンポでボールを打つ練習をします。そして、どの位の力とテンポでボールを打てばショットが最も安定するのかをチェックしながら、自分の通常のフルスイングがどの位であるべきかを考えて見ましょう。あまり フォームばかりに拘る必要は ないでしょう。個性のあるスイングでも理に適ったスイングであれば良いスイングと言えるからです。無駄のない体の動きで、ゆっくりしたテンポのゴルフスイングが身に付いたら、あなたのショットの正確さも必ず向上するはずで、ワンランクもツーランクも上のゴルフが出来るようになるはずです。
 
 
 
www.mamejiten.com - all rights reserved Site Contents: 本 HP 利用上の注意

TOP