ゴルフ豆辞典 トップ > 読書室 > 脇を締める サイトマップ
ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典
コンテンツ目次
全国 ゴルフ場 ガイド
検索  予約
直前割
GDO Sale
 
ゴルフ読書室

脇を締める


脇を締める脇を締めるという表現をゴルフでも時々目にする。左脇のことを言うこともあれば、右脇のことを言うこともあるようだが、左脇の場合は 主にアドレスからバック・スイングの時の左腕と肘の状態についてのことであり、右脇の時は フォワード・スイングでの脇と右肘の状態についての注意点ということになる。

左脇を締めるという感覚は、左手のグリップをストロングにするような効果と手の位置を体に近づけるという効果があるだろうから、腰が引けて手が前に出過ぎるような構えになる人に対しては、的確なアドバイスになるのだろう。

一方、ダウンスイングで右脇を締めるという感覚は、俗に言う、タメを作ってボールに体重を乗せるようなスイングを促す効果があるように思える。ボールに体重が乗れば、必然的に距離が伸びるのは言うまでもない。この感覚は、ボクシングの鋭いパンチや相撲の強烈なツッパリの時の脇の感覚に似たものではないだろうか。

しかし、脇を締めるなどということを考えながら実戦でスイングをするのは あまり良いことだとは思えない。チェックポイントとして、練習の時に少し意識してみる程度にしたいものだ。

実戦でスイングをする時には、無心になってボールをターゲットに向かって打つことに集中することが大切である。そうした精神状態にするためには、むしろ 脳のある種の働きを止めた方が良いはずで、特に、脇を締めるといったような考え方は、スイング全体の流れをおかしくし兼ねない要因だから注意が必要でしょう。

スイングに影響を与える脳の動きには 善玉と悪玉がいて、脇を締めるといったような考え(または、同様な脳の使い方)をスイング中にすることは、その悪玉を呼び込むような行為になるわけだから、実戦では絶対に避けたい行為である。普段の練習時から、そうしたことにならないように意識をして練習をしておくことがオススメで、大事な時に脳の悪玉にスイングを支配されないよう 訓練しておくことが大切だ。
 
 
 
www.mamejiten.com - all rights reserved Site Contents: 本 HP 利用上の注意

TOP