コンテンツ目次

ドライバー ショットの研究課題

このページのコンテンツ
• はじめに
• ニュートラルな ゴルフ スイング
• ドライバー ショットの球筋
• フェース面の作り方
• 試行錯誤のチェック リスト
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


ドライバーは ボールを最も遠くに飛ばせるクラブで ショートホール以外のティー ショットで使うことが多いクラブだが、最もシャフトが長く 扱い難いクラブだから 曲がり易いという難点がある。しかし、そのショットを 曲げてばかりいれば ラウンドに大きな影響を及ぼす訳だから その方向性を どう確保するか と言うことが 最大の研究課題になるものである。

ニュートラルな ゴルフ スイング


クラブ・フェースの動きまず、初めに イメージして欲しいのが 最も オーソドックスで ニュートラルな ゴルフ スイングのメカニズムである。つまり、体を 回転させ 腕を振ってボールを打つ時 クラブフェースの動きが 右図のようになるスイングだ。クラブヘッドが 綺麗な円軌道上を動けば 必然的に インサイド・インのスイング軌道になるが、この時、クラブが スクウェアに握られ 振られれば クラブのフェース面は スイングの円軌道に対して 直角に動くことになる。それが ニュートラルな ゴルフ スイングと言うことである。インサイド・インのスイング軌道は 腕が フラットに振られれば その度合いは 大きくなり、逆に、アップライトに振られれば 小さくなる仕組みだ。

ドライバー ショットの球筋

ドライバー・ショット一方、ドライバー ショットでは フェアウェイ 左サイドから ボールがセンターに落ちる フェード ボール、また、フェアウェイ 右サイドからボールが センターに行く ドロー ボールなど、左右に曲がるボールを多用する上級者が多い。それは 意図的に どちらかに少し曲がるボールを打つことで より良い方向性を確保することが出来るという考え方に基づいている。

そこで、ドライバーの練習では 意図的に 左右の何れかに少し曲がるボールを打つことを意識した練習をし 自分にとって 最も方向性の安定する打ち方が何かを研究して欲しいのだ。ボールを左右に曲げるためのサイド スピンは クラブヘッドが ボールに当たる時のフェース面の向きによって決まる訳だから どちらかに少し曲がるボールを考えるのであれば その "フェース面の作り方" について考える必要がある。

フェース面の作り方


さて、そこで どのようにクラブを振れば ボールを左右に曲げるためのサイド スピン、そして、クラブヘッドがボールに当たる時のフェース面の向きを 上手く コントロール出来るのかを考えて見よう。

フェース面を作るここで 着目して欲しいのが 肩の回転面 (A)、左腕の角度 (α°)、左腕と シャフトが成す角度 (β°)、スイング プレーン (B)、グリップと セットアップの仕方、そして、力の抜き方とスイングのテンポなどである。右イラストのように スイング プレーン (B) は 斜めに傾いた円軌道になるから 肩のラインがターゲットを指し それに スクウェアにクラブを振ることが出来れば 前述のように クラブヘッドは ボールに対して 少しインサイドから入ることになる。スライス ボールになってしまう人は この肩のラインが ターゲットより 左を指すようなスイングになるからである。つまり、他の全てが ニュートラルであれば 腕の振りに対して 肩の回転のタイミングが早く インパクトの時に 肩がターゲットより左を指すような状態でボールを打てば フェース面が開いて フェード / スライス系のボールになるし、その逆ならば ドロー / フック系のボールになると言う理屈だ。

一方、体の回転運動の力を効率良く利用するには 腕とクラブを 回転軸の背骨に対して プロペラの羽の様に 横に振る必要がある。背骨が 前傾姿勢で 前に何度か (一般的には 30° ~ 45°) 傾いているから 腕は そこまで 横に振る必要はないが フォワード スイングは 45° を目安に シャロ―なプレーンの上を クラブヘッドが降りて来るように 工夫したいものである。アマチュア ゴルファーは それよりも スティープな スイング プレーンになる傾向があるが ツアープロの殆んどが フォワード スイングの プレーン アングルが 45° という事実からも その点は 色々と試行錯誤して 研究すべきポイントである。(» 参考) また、肩の回転と 腕の振りの組み合わせ方も 色々と試行錯誤して欲しいポイントだ。個人差は あるかも知れないが 肩の回転が始動するタイミングに対してし 腕を動かすタイミングを少し変えてみると 新たな発見を出来る可能性が高いだろう。懐を深くして フォワードスイングの前半では 手と腕を右脇腹に落とすように動かせば インパクトの前後では 腕を横に振ることが出来るようになるだろう。インパクトのタイミングに合わせて クラブヘッドを加速させ (ハエ叩きのイメージで) 力強く ボールを ヒットするような 体と腕の動かし方では フェース面を 上手く コントロールすることは 出来ないだろう。むしろ、ボールの前後 50cm 位のゾーンで クラブヘッドのスピードが コンスタント (等速) になるよう スイング全体を コントロールした方が フェース面を作ると言う意味では 圧倒的に 上手く行く可能性は 高いだろう。

試行錯誤のチェック リスト


以上のことを念頭に フェース面を作って ショットの方向性を良くすると言う観点からは 以下の 1) ~ 5) までのことについて 色々と試行錯誤をして欲しい。

  • 1) グリップと セットアップの仕方 (アドレス)
  • 2) 肩の回転と 腕の振り方の関係 (テイクバック - バック スイング)
  • 3) 左腕と シャフトの関係 (バック スイング - トップ)
  • 4) 腕と クラブの落し方 振り方 (フォワード スイング)
  • 5) フェース面のイメージと スイング テンポ (インパクト前後 50cm)

腕の力の抜き方と スイングのテンポも ボールを左右に曲げるためのサイド スピン そして クラブヘッドがボールに当たる時のフェース面の向きと方向性を コントロールすると言う観点からは 極めて インパクトの大きなものだから 併せて 研究して欲しいものである。同時に、少し フェースを クローズド気味にしたり オープン気味にしたりして クラブの振り方との相性のようなものも チェックしてみても良いだろう。基本は スクウェアだろうが オープン気味にして ドロー ボールを 打つイメージや クローズド気味にして フェードのボールを 打つイメージなども試してみると 案外 使える組み合わせが見つかる可能性もあるだろう。また、手や腕の力を抜いて スイングのテンポを 今まで以上に遅めにすることなども試して欲しい組み合わせの一つである。

いずれにしても、練習場で ドライバーを打つ時には その飛距離にばかりに目を向けるのではなく、球筋やフェース面の作り方という研究課題を念頭に 一球一球を考えて、また、集中して ボールを打つことを心掛けて 練習をして見て下さい。

はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加
コンシェルジュコンシェルジュ
オススメ 一覧
新着・更新情報新着・更新情報
アーカイブス
正しい
右腕の使い方
シャロ― アウト
のスイング改良
グリップの
重要性について

www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP