ゴルフ豆辞典 トップ > 読書室 > 攻めのゴルフと守りのゴルフ サイトマップ
ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典
コンテンツ目次
全国 ゴルフ場 ガイド
検索  予約
直前割
 
ゴルフ読書室

攻めのゴルフと守りのゴルフ


攻めか守りか全米オープンのようなタフなコンディションのトーナメントを観戦していると どうしても 攻めのゴルフと守りのゴルフということを考えさせられる。比較的 深いラフに入っても グリーンまでの距離が短ければ ある程度上手く対応できる確率が高いが、グリーンまでの距離が長ければ、深いラフのペナルティは 大きくなる。そして、ティーショットを守りのゴルフにしたばかりに グリーンへのショットが長くなり、ボギーを連発することもある。つまり、どちらの選択をしたら良いのか 簡単には答えの出せない選択に迫られるということだ。

一方、攻めるべきか、守るべきかを 比較的 明確に選択できるケースも少なくない。例えば、右上がりのグリーンの右サイドにカップが切ってある場合に ピンを狙っていくのは デメリットがメリットより大きくなるのが明白なケースである。つまり、右に外した場合、ピンに寄せるショットが極めて難しくなるからだ。逆に、右上がりのグリーンで、カップが左に切ってある場合は グリーンの左に特に悪い条件がない限り、ピンを狙って行くべきショットということになる。

さて、そこで ここでは、そうした判断やコース・マネジメントをする上で役に立つ知識を 少し ご紹介しよう。

ラウンドの前には、必ず、ゲームプランを立てる。ティーショットで使うクラブを決め、打ってはいけないサイドの確認。(右には行かない打ち方、また、左には行かない打ち方を使い分けるのも一案。)
グリーンのフロント・エッジ/グリーン・エンドまでの距離とピンまでの距離が分かるようにしておく。
ピンを狙うホールとそうでないホールの基準を明確にし、その基準に従って、常にグリーンへのショットを行う。
ボギーで良しとする必要がある時は、ボギーを受け入れ、それ以上スコアが悪くならないようなマネジメントに徹する。

なお、守りのゴルフの落とし穴(詳細はこちら)もありますので、その点も一度良く研究して見て下さい。


はてなブックマークに追加
 
はてなブックマークに追加
www.mamejiten.com - all rights reserved Site Contents: 本 HP 利用上の注意

TOP