コンテンツ目次




アイアン・5本セット(スペックと購入上の注意点)

このページのコンテンツ
• はじめに
• セットの番手とロフト
• ストロング・ロフト
• 購入上(セッティング)の注意点
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


近年、アイアン セットは ピッチング ウェッジから 5番アイアンまでの 6本セット(かつては 3番アイアンまでの 8本セット)で売られるものが 標準になった観がある。しかし、最近は 5本セットも増え 比較的 稀ではあるが 4本セットまで売られるようになっている。

セットの番手とロフト


以下は そうした実際に販売されている 5本 アイアン セットの番手とロフトを示したものであるが、まずは それを見て欲しい。

Ping G MAX ピン G MAX アイアン(5本セット)
#6 #7 #8 #9 PW
27° 30.5° 35° 40° 45°
Kasco Dorphin キャスコ ドルフィン アイアン(5本セット)
#6 #7 #8 #9 44°
27° 30° 34° 39° 44°
Big Bertha Beta キャロウェイ ビッグバーサ ベータ アイアン(5本セット)
#6 #7 #8 #9 PW
26° 29° 33° 38° 44°
New egg プロギア New egg アイアン(5本セット)
#6 #7 #8 #9 PW
24° 27° 31° 35° 40°
inpres RMX UD-2 ヤマハ inpres RMX UD-2 アイアン(4/5本セット)
#6 #7 #8 #9 PW
24° 26° 29° 33° 38°

ストロング・ロフト


上の例からも分かるように これらのセットは 極端な ストロング・ロフトである。どの位 ストロングなのかを まずは 説明しよう。トラディショナルなアイアンは 5番アイアンのロフトが 27° で 4番アイアンが 24° である。最近のクラブは それより 1° ~ 2° ストロングなのが普通にはなていうが、上の例に挙げた ピンの G MAX アイアン、キャスコの ドルフィン・アイアン、ビッグバーサの ベータ・アイアンなどは 6番アイアンが 5番アイアン並みのロフトで ヤマハ inpres RMX UD-2 アイアンや プロギアの New egg アイアンとなると 6番アイアンが 何と 4番アイアン並みのロフトになっている。この後、さらに詳しく説明するが こうしたセットを買った場合は その他のクラブとのセッティングで 注意が必要になってくることは 言うまでもない。

購入上(セッティング)の注意点


セット一緒にプレーする友人が 同じような所から ピッチング ウェッジを打っているのに 自分は 8番アイアンというのでは 悔しい。そんな考えで 飛ぶクラブが欲しいと思っている人が こうしたクラブを購入することは 悪いことではないだろうが ピッチング ウェッジと サンド ウェッジのロフト差が 15° 以上あるのでは その間のクラブをどうするのかが難しく 合理的なロフトの流れのセッティングにならない可能性も高くなる。また、6番アイアンの次のクラブとして ユーティリティの 5番を入れたら ロフトが同じだったとか 場合によっては ロフトが逆転と言ったことも起こる得る。また、メーカーによって かなりの差があるが シャフトの長さも 長い場合は 2番手分(1インチ)長いものもあるなど、他のクラブのスペックとのマッチングを 十分 チェックした上で 合理的なセットになるような配慮が必要になる訳だ。

ウェッジとして売られているクラブには 46°、48° といったロフトのクラブも 最近は良く目にするようになったが それよりロフトの立ったウェッジの選択肢は かなり限定的なものになる。また、スペックの選択肢が多い ウェッジ メーカーの多く 例えば タイトリスト、クリーブランド、キャロウェイなどは クラブが重めで 5本セットのような軽いクラブとは クラブの重量という観点から そのフローが悪くなる可能性も高い。そうした意味では 42°、45°、48° というロフトを揃えていて 比較的軽めの フォーティーン RM-21 のようなウェッジが ロフトの選択肢と重量の両面で オススメである。 » 詳細

一方、6番アイアンの先のクラブとの流れについても配慮が必要になる。ユーティリティのロフトも シャフトの長さも アイアン同様 番手によって 決まっている訳ではないから その点を注意する必要はあるが 標準的な ユーティリティのスペックでは 5番が 25°、そして、4番が 22° である。従って、6番アイアンが 4番アイアン並みのロフト (24°) のアイアン セットであれば 5番ユーティリティは 通常 不要になると考えるべきだろう。 » 詳細

また、ユーティリティなしで フェアウェイウッドにするのであれば 7W の標準が 21° で 9W は 23° くらいなので その辺りのクラブから揃えれば ロフトの流れ的には 合理的なセットになるだろう。 » 詳細

以上のように、5本セットの場合は 他のクラブと どのように マッチングさせるかという難しさがあるので メーカーによっては 8本セット・バージョンで AW、AS、SW を加えたセットを売っているところもある。ロフト、シャフトの長さ、クラブの重さなど、すべての面で流れが合理的なものになるので そうしたセットを購入するのも 一案であろう。

はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加





www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP