ゴルフ豆辞典 トップ > 読書室 > カナダ西部のゴルフ旅行 - 2015年 (2) サイトマップ
ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典
コンテンツ目次
全国 ゴルフ場 ガイド
検索  予約



ゴルフ読書室

カナダ西部のゴルフ旅行 - 2015年 (2)


カナダでのゴルフこの夏 (6/23 - 7/10) のカナダ西部のゴルフ旅行 - 2015年のページ(» 参照)を 3/1 に アップしたが、驚くほど 大きな反響を呼んだ。ウィスラー (Whisler) 在住の日本人の方からは 自分のメンバー・コースのゲストとして 割引料金でプレーができるよう アレンジして下さる というような 大変有り難い連絡まであり、驚いてもいる。そうしたことも含め、その後、様々な情報が集まったが、旅行の基本ルートの変更は ミニマムで、旅費節約ができるアイデアが色々出てきたので、ここで それらを 紹介しながら、スケジュール最終案のアイデアを ご説明しよう。

既に 説明したように、このエリアのゴルフ場の多くは 冬にクローズし、ピーク・シーズンは 6月から 9月までと短く、真夏のグリーン・フィーは かなり高い。所謂、高級リゾート・コースの ピーク・シーズン、プライム・アワーでは $150 前後のグリーン・フィーという所も少なくない。しかし、日本でも見られる現象だが、何時プレーするかによって(季節、曜日、時間帯など)その料金は大きく異なる。バンフなど 山岳地帯で気温が低く、シーズンの短いところでは、6月より 7月の料金の方が高い。また、観光客より 地元のゴルファーやメンバーが多くプレーする所は 週末(金曜日も 場合によっては それに含まれる)の料金が高い。例えば、オカナガン・バレー (Okanagan Valley) 北部の ゴルフ・リゾート、プレデター・リッジ (Predater Ridge) などは、近くに 比較的大きな都市があり、コースの周囲に住宅が立ち並ぶ スタイルのリゾートで、木、金、土曜泊のゴルフ・パッケージの料金が $50 ほど高く設定されている。

一方、ご存知のように、トワイライトのプレーは割引になるのが普通だが、バンフやジャスパーなどの 6月末から 7月はじめ頃の日没は 緯度が高いこと、また、経度ではタイム・ゾーンの西の端に位置するために 極めて遅い。日没は 夜 10時前後で、加えて、夏季には 雨の日が少なく(平均月 4日)ゴルフを楽しむには絶好の環境である。ゴルフ場によっては トワイライトを日没の 5時間前とか、3時間半前 などという形で設定している所もある。いずれにしても、旅をしながら ゴルフをしても、一日が有効に使えるのは 嬉しい。

さて、そんなこともあり、カナダ西部のゴルフ旅行 - 2015年の日程は 先日アップしたものを 旅の楽しさ、ゴルフの楽しさを犠牲にすることなく、最大限の節約ができる計画に 一部を変更した。まずは、往路のオカナガン・バレー泊の予定を止め、バンフ、ジャスパーには最初の予定より一日早く入り、復路で、オカナガン・バレー泊を 一日追加することにした。これにより、バンフ、ジャスパーには 6/28 - 7/1 まで 4泊することになり、ここでのゴルフの多くが 6月料金で出来ることになる。バンフとジャスパーには カナダの名匠・スタンレー・トンプソン (Stanley Thompson) が設計した Banff Springs GCJasper Park Lodge GC があり、その 2 コースでのプレーが、今回の旅のハイライトである。なお、復路、オカナガン・バレーに立ち寄るタイミングが週末ではなくなることで、そこでのゴルフでも 少し節約が可能になる。

Banff Springs Hotel

豆介
Stanley Thompsonスタンレー・トンプソン (1893 - 1953) は カナダを代表するゴルフコース設計家で 1893年の トロント生まれ。彼自身、トップクラスのアマチュア・ゴルファーだったが、1912年から 1953年に亡くなるまでの間に 計 178 コースの設計に携わった。第一次世界大戦では ヨーロッパに出征し、その後、イギリスのトップ・ゴルフ・コースを数多く見て回った。1923年には 自分でデザイン会社を設立し(上はその新聞広告)1920年代のゴルフ場建設ブーム時の仕事を 多数請け負い、亡くなるまで その一生をコース設計の仕事に捧げた。また、彼は American Society of Golf Course Architects を アメリカ人の名匠・ドナルド・ロス (Donald Ross) と二人で創設したことでも知られている。ロバート・トレント・ジョーンズ (Robert Trent Jones) を始めとする、数多くのアメリカの トップ・ゴルフコース設計家を育てた業績も見逃せない。1930年代には、ロバート・トレント・ジョーンズとパートナーとなり、設計を行った時期もあった。因みに、トンプソンが設計した Jasper Park Lodge Golf Course は 1926年に Canadian National Railroad (CNR) がジャスパー駅の近くに 88万ドルという 当時としては 巨額の建造費を投じてオープンさせたコースで、世界中のゴルファーが それに注目した。一方、その大成功を受けて、Canadian Pacific Railroad (CPR) は ジャスパーから 当時 車まで南に 4時間の所にあったバンフ・スプリングス・ホテルに 既にあった 9 ホールのゴルフ・コース (Tunnel Mountain 9) に加えて 18ホールのスタンレー・トンプソン設計のコースを建設することにし、ジャスパーを上回る 100万ドルの総工費を投じて Banff Springs Hotel - Stanley Thompson Course を 1929年 オープンさせたのである。(» 参考文献)近年は コースの全長が長く、コース・レーティングなど、難易度が高いコースでなければ トップ・コースに ランクされないが、この 2 コースは そうした近年のトップ・コースの条件を(その必要性については 色々な考え方があろうが)満たしていない。最後になったが、スタンレー・トンプソンは 1953年 南米を旅行中 60歳の時に 動脈瘤で 亡くなった。

Jasper

勿論、旅行中は ゴルフだけでなく、街の散策、ハイキング、観光スポットでの写真撮影なども行う予定で、アメリカ国立公園豆辞典のカナディアン・ロッキーのページ(» 参照)を更に充実したページにするために情報収集や写真撮影も怠らずに行う予定だ。



はてなブックマークに追加
 
はてなブックマークに追加
 
ゴルフ・カフェ
Stanley Thompson
 
» PART 1
 
読書室 トップ
トップに戻る
www.mamejiten.com - all rights reserved Site Contents: 本 HP 利用上の注意

TOP