ゴルフ豆辞典 トップ > 読書室 > ドレス・コード(ゴルフの服装に係わる規則) サイトマップ
ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典
コンテンツ目次
全国 ゴルフ場 ガイド
検索  予約

 
ゴルフ読書室

ドレス・コード(ゴルフの服装に係わる規則)


ドレス・コード (Dress Code) の コードという言葉には 規定、規則、規範というような意味があるが、ゴルフ場には 通常 最低限の服装と身だしなみに係わる規則、即ち、ドレス・コードがある。ゴルフ場が 独自に定める規則だが、そこへ行って プレーをする時には必ず守らなければならないものだ。クラブによっては 多少 厳しい(保守的な)規則になっていることもあるが、格式の高い 所謂 老舗の名門クラブの場合は そうした ドレス・コードがあると考えるべきだ。

一般的な ドレス・コードは ジーンズや短いショーツ、T シャツ、サンダル履きなどを 禁止している程度のものであるが、厳格な ドレス・コードでは それに加えて ジャケット着用他、シャツやパンツのデザインや身だしなみに係わる様々な規制(詳細後述)がある。

保守的で厳格な ドレス・コードは時代錯誤的で ナンセンスだと感じている人も居るだろうが、世の中の変化に全てを合わせることが ベストだとは言えない面があるのも事実で、ゴルフの文化や慣習を考慮し、皆が気持ちよく ゴルフを楽しむための配慮がどうあるべきかを考えれば、そのあり方に対する見解も変わるはずだ。ゴルファーとして コミュニティーの一員的な感覚で 守るべき礼儀の一つに適切な服装があるべきだと(無意識かも知れないが)考える人が少なくないのは事実だ。例えば、ほとんどの人は 自分と一緒にプレーをする人が 常識はずれな服装をしていたら不快感を覚えるだろう。そして、周りにそんな人が沢山居るゴルフ場には行きたくない ということにもなる訳で ドレス・コードのプラス面があるのは紛れもない事実である。

さて、ドレス・コードには ゴルフ場に入場するために必要とされる服装の決まりと ゴルフをする時の服装に関するものとがあるが、厳格な ドレス・コードのクラブでは男性はジャケット着用となる。近年、ゴルフ場の多くは ジャケット着用を強要しなくなっているが、そのルールが不明な場合は ジャケットを持って ゴルフ場に行くべきである。一方、運動靴(ジョギング・シューズ、バスケットボール・シューズ、スニーカーなど)での入場が原則出来ない ゴルフ場もあるので その点も注意して欲しい。問題であれば、駐車場で ゴルフ・シューズに履き替えてしまえば良いと考える人も居るだろうが、こそこそ 駐車場で靴を履きかえるなどは したくない行為であろう。そんな靴を わざわざ履いて ゴルフ場に行くのでは スマートな ゴルファーとは言えない。

男性のドレス・コードゴルフ・ウェアに関して (1) の帽子は必需品ではないが、出来る限り 保護の観点から着用して欲しいものだ。ただし、キャップのツバを 後ろ向きに着用するのは NG。(2) のシャツは襟と袖のあるものが原則。なお、クルーネック系の襟の短いシャツが NG のこともあり、そんな襟の高さは 4 cm 以上が安全。また、シャツの裾を出すことは違反になることも多い。ゴルフではシャツをパンツの中に入れて、お洒落な (3) ベルトを(ドレス・コード的に必需品ではないが)するのが粋な着こなしだ。(4) のパンツではジーンズが NG だが、加えて、デニム風やカーゴ・タイプの(外に膨らんだポケットの付いた)パンツが NG なこともある。ショーツの場合は ジョギングやテニス用のような 丈の短いものは ダメで、膝上 10cm 程度を目安に長めなショーツを着用のこと。ショーツではハイ ソックスの着用が義務付けられるクラブも稀にあるが、近年は 極めて少なくなった。(5) のシューズはメタル・スパイクの靴を 禁止している ゴルフ場が多いので(最近は買うこと自体が難しいが)古いシューズの人は要注意。

なお、公式競技において その競技で定めた ドレスコードに違反した場合は失格である。メタル・スパイクのシューズの着用を禁止していた 2013年の全米オープン予選(於 Woodmont C.C.)に出場した リー・ジャンセン (Lee Janzen) 選手が(当該競技規則を良く読まずに)メタル・スパイクのシューズを履き失格となった。因みに、全米オープン本戦を含む PGA ツアーの公式競技ではメタル・スパイクの使用が許されているが、ショーツの着用は禁じられている。

男性のドレス・コード一方、女性のドレス・コードは微妙である。いずれにしても、取り敢えず、(1) の帽子かバイザーは必需品ではないが、出来る限り 保護の観点から着用して欲しい。(2) については女性でも ノースリーブ系のシャツは 全て NG で シャツは襟と袖のあるものを着用するのが安全。ただ、日焼け止め効果のあるハイネック 系の襟の機能シャツを下に着用すれば 自由度は大きくなり、上に着るシャツの裾を パンツの中に入れる気配りも不要になる。なお、シャツを 中に入れるのであれば 女性も お洒落なベルトをして欲しい。(4) のパンツでは 女子プロで 最近 非常に丈の短いものを着用する人が居るが、そうした短いものやスカートが NG になることもある。また、ローカットのもので良いので ソックスは必ず着用して欲しい。(5) のシューズはやはり ソフト・スパイクかスパイクレスのゴルフ・シューズを着用のこと。

なお、女性 ゴルフ雑誌には老舗のクラブでは その着用を断られ兼ねない ウェアが良く紹介されているので 要注意だ。初めてのゴルフ場へ行く時は 予め 女性のドレスコードを問い合わせておくと良いだろう。

豆介アメリカのパブリック・ゴルフ場にはドレス・コードのないゴルフ場もあり、そうしたゴルフ場の様子を見て、日本のゴルフ場の ドレス・コードが 時代遅れではないかと思っている人も少なからず居るようだが、アメリカでも厳格な ドレス・コードを守らなければならない ゴルフ場は 少なくない。プライベート・クラブは どこも 比較的 厳格な ドレス・コードがあるのが普通で、シャツやパンツに関する規則も 日本とほぼ同じである。アメリカ人は ショーツが 大好きなこともあって それを 禁止しているクラブはないが、丈の短いものは NG で、ソックスはローカットのものが良く着用される。従って、アメリカ人にとって 日本の一部の名門クラブで 今でも 採用されている ショーツにはハイ ソックス という ドレス・コードは 多少 奇異に映るものの一つだ。


都会の雑踏を離れ 緑と青空の下に ゴルフで汗をかき、食事を楽しむ。プレーの後はひと風呂浴びて ゴルフ談義に花を咲かせる。そんな ゴルフ場には T シャツでサンダル履きといった服装の人が居ない方が似合うのだ。ゴルフを楽しむ人の多くは そうした環境を好んできた訳で、その結果が ドレス・コードということだ。その必要性を感じない人、また、ドレス・コードさえ守っていれば何でも良いと考えている人も居るだろうが、自分の服装や身だしなみが周囲の人に どのような影響を及ぼしているか、これを機会に 一度 考えてみてるのも 有意義なことではないだろうか。


はてなブックマークに追加
 
はてなブックマークに追加
 
読書室 トップ
トップに戻る
www.mamejiten.com - all rights reserved Site Contents: 本 HP 利用上の注意

TOP