ゴルフ豆辞典 トップ > 読書室 > キャディ付きゴルフの魅力 サイトマップ
ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典
コンテンツ目次
全国 ゴルフ場 ガイド
検索  予約

 
ゴルフ読書室

キャディ 付き ゴルフの魅力

キャディ最近は 名門クラブでない限り セルフ・プレーが スタンダードになっているが、スピード・プレーに自信のない人や ゴルフ歴の浅い人は勿論のこと、ベテラン・ゴルファーでも キャディ付き ラウンドの方が楽で ゴルフに専念できるから良いと感じる人は少なくない。もちろん、キャディと一言に言っても 新米とベテラン・キャディでは大きな差があるし、ゴルフ場の教育の違いもあり、キャディ付きでラウンドをしたものの 気を使っただけだったとか、居る意味があまりないと感じた という経験を お持ちの人も 少なからず居るだろう。

確かに、キャディ 付きが条件の名門クラブの中には ちょっと人を見下すような態度で ゴルフの経験が浅いと思われる客を教育しようとか、客の社会的地位で態度を変えるようなキャディ が居るのも事実である。スピード・プレーを重視し、マナーの悪い人には厳しく接するという理由もあるのだろうが、そんな キャディ に遭遇すると、正直、名門クラブの品格が損なわれる訳だから 違った教育の仕方があるのではないか と考えさせられることもある。

運悪く そうした キャディとのラウンドを経験した人はキャディ付きでのラウンドなんてと思われるのは ごくごく自然なことだろう。残念ながら、ゴルフ場が殿様商売をしていた時代には そうしたキャディが一般のゴルフ場にも 良く見られたものだった。しかし、最近のゴルフ場のキャディ に対する教育やキャディ の仕事に対する意識は昔とは様変わりしているから、その古い キャディ のイメージで毛嫌いしている人は キャディ付きゴルフの魅力について 再考する価値があると思う。

とは言え、客であるゴルファーに キャディ を上手に使ってゴルフを楽しむ知識と経験のない人が多くなっているのも事実である。そこで、どんな時に、どのようにしたら キャディ付きゴルフが ゴルフの楽しさを 一層大きなものにしてくれるのか。そんなことを ここでは考えてみたい。

本来 キャディ の役割は多岐に亘り、ゴルフのプレーという観点からは それが 居ると 居ないとでは かなりの差が出るものである。グリーンでボールを拭いてくれたり、ショット後にクラブを綺麗にするなど(客商売的には重要なポイントだから)本来 プレーの観点からは 然程 価値のないことも普通はしてくれるもので、それが キャディ の主な仕事であり、役割だと思っている人が 少なからず居るだろうが、本来の仕事は別にある。基本的に キャディ から受けられるサービスは以下の表の通り もっと ゴルフの本質に係わるものがメインで、本当に価値あるサービスは 1) コース攻略情報、2) スピード・プレー という観点からのアシストだと言えよう。なお、雨の日はグリップを濡らさずにプレーできるように助けてくれるので そうした日のラウンドでは そんな価値も大きい。 また、ゴルフのマナーやルールに自信のない人は疑問に思ったことなどを ラウンド中に 色々 教えてもらっても良いだろう。

キャディ付きプレーのメリット
1) コース攻略情報提供 ピン/ハザードまでの距離、ピンの位置、グリーンのライン/スピード
2) スピード・プレーの援助 クラブの出し入れ、ボールの探索、カートの移動、コースの保護
3) マナー/ルールの教師 ラウンド中に 色々と質問しても良い。初心者だけとは限らない。

キャディ と プレーヤーは 基本的に サービスをする側と客の関係であるが、キャディ には 色々とアシスト、アドバイスをしてもらう訳だから お互いに 気持ちよくラウンドが出来るよう配慮することが望ましい。そうした意味からも 日本ではキャディ さんと さん付けで呼ぶのが 一般的だ。言葉遣いも 敬語を使う必要はないが、命令口調にはならないように気をつけたい。また、海外では むしろ 当たり前のチップも 日本では基本的に必要ないが、暑い日に 途中の売店で冷たい飲み物を オファーするなどの配慮は 上手に断わられることもあるだろうが 好ましいことだろう。品良く、スマートに キャディ と共同作業を行なっているというイメージでラウンドして欲しい。感じの良い客に対しては普段以上にサービスしようと言う気持ちになるのが(その道のプロとしては 如何なものかも知れないが)人情である。

多少の世間話をしても(自分とキャディの関係においては)良いが、キャディ のサービスを受けるのは自分のグループの全員だから、そのサービスの提供にキャディが専念できるよう 配慮することが 同伴競技者に対する マナーである。

一方、グリーン上での キャディ からのアドバイスは(初めてプレーをするコースでは特に)有益な情報であるが、そのアドバイスに完全に頼ってしまうのは考え物である。中級以上の人には 特に キャディ の能力に応じた キャディ の使い方も学んで欲しいものである。つまり、自分のキャディのグリーンを読む能力を考えた上で そのアドバイスを参考にして 最終的なラインは自分が決めると言うことだ。グリーンを読む能力に長けている キャディ は少なくないが、然程でもないキャディ が多数居るのも事実で、加えて、短時間でラインを読む訳だし、複数の客の面倒を見ている中での判断だから それには限界があると考えるべきだ。

また、聞かなくとも ピンまでの距離やハザードまでの距離などを言ってくれるキャディ も居れば、聞かなければ あまり そうした情報を言わない キャディ も居るので、キャディ には積極的に質問をするようにすべきである。同伴競技者に迷惑を掛けずに キャディ と色々な会話が流れるように出来るような知識と余裕があることが望まれる訳だが、そうしたことが上手に出来るようになるには かなりの授業料を納める必要があるかも知れない。

日本の場合 一般的に キャディ が 1グループに 1人付くスタイルだから、プレーヤー 1人当たりのキャディ・フィーは 4サムの場合が最も安くなる。ゴルフ場によって多少差はあるが、フォーサムの時のプレーヤー 1人当たりのキャディ・フィーは 2,000円 - 3,000円程度である。しかし、上述の 1) から 3) までのサービスを 満足の行くレベルで受けられれば 決して大きな出費とは感じない人も多数居るはずだ。

因みに、欧米のキャディはバッグを担いでプレーヤーと一緒に歩いてラウンドするのが普通で、フォーサムであれば 2人のキャディ が付いて、それぞれのキャディ が 2個のキャディ・バッグを担ぐのが一般的だ。名門クラブの一人前のキャディは 1バッグ・チップ込みで 100ドルということもあるが、キャディ・フィーの相場は色々で 前述のキャディの役割が十分に果たせない 単なるバッグ運びの役しか果たせない少年がキャディの場合などは 1バッグ・チップ込みで 30ドル程度ということもあるだろう。

いずれにしても、最近はキャディ付きでラウンドをする人が少なくなったため、どのゴルフ場もキャディの数は少なくなっているのが実態だ。結果的に キャディの質の割には 料金がリーズナブルというケースが多い。そして、キャディ を使って欲しいゴルフ場が 色々なサービスや特典をオファーすることも珍しくなくなった。いずれにしても、キャディ付きのゴルフをしたことのない人も最近入ることと思うが、そんな人は 機会を見て 一度 経験して欲しい。 » 詳細


はてなブックマークに追加
 
はてなブックマークに追加

 
読書室 トップ
トップに戻る
www.mamejiten.com - all rights reserved Site Contents: 本 HP 利用上の注意

TOP