コンテンツ目次

バンドン デューンズ (Bandon Dunes) ゴルフ リゾート

1999年に 米西海岸、オレゴン州の太平洋岸にある小さな町バンドン (Bandon) の北に オープンした 高級ゴルフ リゾートが バンドン デューンズ (Bandon Dunes Golf Resort) である。比較的 最近作られ プロのトーナメントが開催されることもなかったので 日本では あまり知られていない所だが、世界中のリッチな ゴルファーが 近年 好んで訪れたがる ゴルフ リゾートの一つだ。2013年の 7月 4日、5日に ゴルフ豆辞典のレポーターが そのリゾートを 現地取材に訪れ Bandon DunesPacific Dunes の 2 コースを プレーした時の写真が 下のスライド ショーである。


取材中の二日間は幸い快晴だったが、ご多分に漏れず、リンクスのゴルフコースに付き物の風、それも、強風が殆ど常時吹いていた。向かい風では、2-3番手は大きなクラブが必要になるのは当たり前で、165ヤードのショート・ホールをスプーンで打つようなことさえあった。一方、フォローの風では距離は出るものの距離のコントロールは至難の業で、グリーンをオーバーしたボールには、厳しいペナルティーが待っていた。加えて、ドライで硬めでタイトなフェアウェイは、ボールが良く転がるので距離は出るものの、アプローチの柔らかいショットを打つのは極めて難しい。また、アンジュレーションの大きな高速グリーンでは、フェアウェイとグリーンの境目が分かり難いくらいにフェアウェイの芝が短く刈られているので、グリーンエッジが平らでないグリーンでは、下りのパットがグリーンの外へ転がっていくことやスロープのきつい登りのアプローチ・ショットで少しショートしたボールがショットを打ったところ付近まで戻ってきてしまうようなことも珍しくなかった。一方、グリーンのコンディションは、アメリカ西海岸のゴルフコースに良く見られるベントにポアナ・グラスの侵食が顕著に見られるもので、残念ながら、ベストなコンディションとは言えない状態だったが、少し硬めで、早いグリーンは、プロのトーナメントが行われる時の設定に近いもので、そうした意味では、十分楽しめるものであったまた、コースの景観は、写真からも分かるように他のゴルフコースには見られないような海岸線の景色やバンカーなどがあり、日本では味わえないゴルフの経験をしてみたいという人にはおススメの場所だ。もちろん、宿泊施設や食事、その他のサービスも素晴らしいリゾートである。

この ゴルフ リゾートには 現在 5 コース、85ホールがあるが、最初に作られたのは Bandon Dunes の 18ホール(下のテーブル参照)。次いで、Pacific Dunes の 18ホールが 2001年にオープン。そして、その後 Bandon Trails、Old Macdonald と 次々に素晴らしいコースをオープンさせた。2012年、最後にオープンした Bandon Preserve は 13 ホールの パー 3 から成る ショート コースである。

コース名 開場 距離/Rating-Slope (Par) 設計
Bandon Dunes 1999 6,732 yards/74.1-143 (72) David McLay Kidd
Pacific Dunes 2001

6,633 yards/73.0-142 (71)

Tom Doak
Bandon Trails 2005 6,765 yards/73.7-133 (71) B. Coore, B. Crenshaw
Old Macdonald 2010 6,978 yards/74.1-133 (71) Tom Doak, Jim Urbina
Bandon Pres. 2012 1,468 yards (39) B. Coore, B. Crenshaw

ここに造られた 4つのチャンピョン・コースの中では Pacific Dunes のランクが最も高く、世界のベスト 20 (GOLF MAGAZINE) にも入るコースである。また、GolfWeek誌は 2005年に このコースを アメリカ 1位のリゾート・コースにランクしたが、それは Pine Hurst #2、Whistling Straits、そして、Pebble Beach よりも上位に Pacific Dunes が評価されたと言うことである。

Top 100 Courses  You Can Play (順位)
# コース
1 Pacific Dunes
8 Bandon Dunes
9 Old Macdonald
15 Bandon Trails

そして、ゴルフマガジン誌 2012年・貴方がプレー出来る 米 ゴルフコース・トップ 100 コース(Top 100 Courses You Can Play)でも Pacific Dunes は No.1 のコースになっているが、他のコースも 右表のような 最大級の評価を受けている。全米にある 10,000 近いパブリック / リゾート・コースの トップ 100 に入ることでさえ 実は想像以上に凄いことなのだが、そのベスト 10 に 4 コース中 3 コースがランクインしたということは 驚異的だ。15位の Bandon Trails も 極めて 高い評価を受けているのだ。因みに、ぺブルビーチ・リゾートの Pebble Beach は 2位、そして、Spygrass が 10位、Spanish Bay になると 42位という状況。

Pacific Dunes と Bandon Dunes は 共に 海岸線を眺めながらプレーするホールが多数あるコースだが、後から 造られた Bandon Trails と Old Macdonald は 海岸線から少し離れた所に造られたコースで グリーンのコンディションなどは むしろ 前者の 2 コースよりも 後発のコースは 良い位である。オープンして間もない時期には評価も 然程 高くなかったが ここへ来て 後発の 2 つのコースの評価も 高くなった。ピーク シーズン(5月から 10月末まで)のグリーン フィーだが、13ホールしかない ショート コースの Bandon Preserve が $100 というのは ちょっと法外な気がする。しかし、本格的な 18 ホールのコースは全て $280/$235(宿泊客は 割引料金)プラス キャディー フィー $100/bag(チップ込み)で 計 $380/$335 となっており、見方によっては リーズナブルとも思えるが、こんな田舎にある ゴルフ コースの料金としては 極めて高いものである。なお、キャディーを付ける必要はないが 手押しカートか担ぎで歩く必要があるし、最初にプレーする時は コースレイアウトが良く分からない状況だから キャディーを使うことを オススメしたい。

ところで、バンドン デューンズへのアクセスは 日本からの直行便のあるポートランドかサンフランシスコ経由、長時間の運転になるが車で移動するか、飛行機を乗り継いで 車で 2-3時間で行ける距離にある町 (Eugene, OR や Eureka, CA) まで飛行機で移動するか、また、より ゴルフ場に近い バンドンや クーズ ベイ (Coos Bay) の空港まで コミューター プレーン(小型飛行機)で 飛ぶかという 方法になるのが普通で、アクセスは いずれにしても良くない。しかし、プライベート ジェットで このリゾートを訪れる人も多いそうで、そうした人達にとっては むしろ そんな人里はなれた所が便利なのかも知れない。(地図は左ダブル クリックで拡大、右ダブル クリックで縮小も)


ゴルフ豆辞典の レポーターは ポートランド経由であれば その距離は約半分であるが、サンフランシスコ経由、車で 北上する道すがらにある レッド・ウッド国立公園に立ち寄ったり、ローカルのパブリック コースを 取材したりしながら、3日かけての 移動(約 500マイル - 800Km)でバンドン デューンズ入りした。そこでのゴルフの後は 半日ほどのドライブの距離にあるクレーター レイク国立公園、そして、その後は その少し南にあるラッセン火山国立公園、さらに、レイク タホ、ヨセミテ国立公園、ぺブルビーチにも立ち寄って サンフランシスコに戻り 日本に帰国した。アメリカ国立公園豆辞典のための情報収集も タップリ行うことの出来る日程だった。

はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加

www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP