ゴルフ豆辞典 メニュ メニュー

ゴルフウェアの着こなし方|カラーコーデの基本

Introduction

テレビ中継などを見ていても カラフルな(鮮やかな配色の)ゴルフウェアを上手に着こなしているプロゴルファーが目を引くが、そんな姿を見て 自分もセンスの良い ちょっと派手目なゴルフウェアを上手に着こなしたいと考える人は少なくないと思う。ゴルフウェアだから普段はし難い派手なカラーコーディネートも出来る。どこまで派手にするかは 人それぞれだろうが、少なくとも普段とは違う、これからゴルフをするぞという気持ちがフツフツと湧いてくる ... そんな着こなしを身につけて 楽しんでみたい。

ゴルフウェアは派手目に?

カラーコーデ
そうした着こなしに最も大切なことは 色の組み合わせであるが、特に 華やかさやスポーティーさを出したい時に有効なテクニックが コントラストのはっきりした配色にすることである。例えば、下の例のように 白のパンツと帽子にオレンジのシャツの組み合わせだが、オレンジを赤のような濃い目の有彩色にすると もっと華やか感じになる訳だ。もちろん、ライトブルーやピンクのような派手目な有彩色であれば コントラストを多少下げても良いし、また、無彩色でも、黒とライトグレーのように コントラストを大きくすれば 華やかさを同様に出すことは出来る。

ピコロール配色4
ピコロール配色2
ピコロール配色1

ピコロール配色

コントラストのはっきりした配色のことを ピコロール配色と言うが、そんな配色のキーになるのが白や白に近いアイボリー、ライトグレーといった色の使い方だ。例えば、パンツが白であれば シャツは かなり派手な色であっても 全体としては 心地の良い華やかさ(派手さ)を演出できる。

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

白のシャツを沢山持って居る人は、赤や黒、ライトブルーのパンツなどを 自分のワードローブに加えると、より華やかな着こなしが出来るようになる。また、逆に、白いパンツと組み合わせて、赤や黒、ライトブルーのシャツやアウターを組み合わせても良いだろう。加えて、それに合わせて帽子の色も コーディネートすると さらに 配色のバランスは良くなるはずだ。

帽子
つまり、自分のワードローブを考える時に、白 もしくは それに近い淡い色のパンツやシャツを少し多めに ベース・カラーのものとして持ち、好きな有彩色の派手目なパンツやシャツを 数枚揃えれば、その日の雰囲気に合わせて、それらの組み合わせを変えることで そう沢山のウェアを持たなくとも 大きな変化を楽しむことが出来るようになる。

コントラスを押さえる配色も

カラーコーデ
一方、白 もしくは それに近い淡い色のパンツやシャツは 必ずしも コントラスの大きな配色だけではなく、以下のような感じで、どんなカラーにも合わせることが出来るから 少し多めにあっても 無駄になることはないはずだ。良質なものをセールで見かけた時などは、同じようなものを持っていても購入しておくと良いだろう。また、ウェアが無彩色な時には 帽子のようなアイテムの配色を工夫して 少し華やかさを出す演出なども有効なテクニックであろう。

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ベルト
さらに、ゴルフウェアの着こなしで気を配って欲しいのが シューズとベルトだ。シューズは あまり高級なものでなくても良いが、極端に廉価なものはオススメ出来ない。また、常に綺麗に手入れをしておいて欲しいものだ。また、ベルトは 少し太めの白のベルトに 大きめなバックルの付いたものがあると便利だ。どんな色のパンツにも合わせ易いし、黒や茶系のベルトに比べ、一層 スポーティーな感じを演出できるはずだ。(実際の商品をチェックしてみたい方は ページの一番下の商品リンクをクリックで。)

ゴルフ用品|Online Shops
Copyright © 2004-2021 mamejiten.com. All Rights Reserved.

TOP