コンテンツ目次


ワールド・ゴルフ・ランキング - World Golf Ranking

このページのコンテンツ
• はじめに
• 最新 男子 ランキング
• ワールド・ゴルフ・ランキング・システム
• 過去の記録
• 女子 ワールド・ゴルフ・ランキング
• 日本人選手の動向など
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


ワールド・ゴルフ・ランキング (World Golf Ranking) は 世界中のゴルフ選手の実力を過去 2年間の成績をベースに評価し ランク付けするシステムで 大きな大会出場のためのクォリフィケーション (qualification) の基準としても使われるものである。従って、各選手は勿論のこと メディアや ファンも その動向には 大変注目するようになっている。


最新 男子 ランキング


男子のワールド・ゴルフ・ランキングは 1985年に ソニー・ワールド・ゴルフ・ランキングとてスタートしたが、1999年に メージャー大会と世界の主要 6 PGA ツアーで組織する International Federation of PGA Tours によって その制度が エンドースされ、以降、メジャー大会 や 世界 ゴルフ選手権 (WGC) など 大きな大会出場のための条件としての位置付けがなされるようになった。右のテーブルは その最新 トップ 10 ランキングの状況である。 » 公式サイト

ワールド・ゴルフ・ランキング・システム


ランキングのシステムは 過去 2年間(ただし、直近 13週間の試合の成績により重点を置き、さらに 残りの 91週の成績も より最近の成績の比重が高くなる形で)の獲得ポイントを 出場試合数 (最低 40 - 最高 60 試合) で割り、算出したポイントで順位を決めるもので、毎週月曜日に週末のトーナメント結果を反映する形で そのランキングが 更新される。失っていく(1 ~ 2年前に獲得した)ポイントのない選手は 成績が良くなると どんどんランキングが上がることになる。

試合の結果によって獲得できるポイントは 試合の規模や出場する選手のレベルに応じて異なり、メージャー大会のような 出場選手のレベルの高い大会で獲得できるポイントは 大きいが 基本的には 1) アメリカ PGA ツアー、2) 欧州 PGA ツアー、3) 日本/オーストラリア/南ア・ツアー、 4) アジア、ウェブ・ドットコム・ツアー、5) 欧州チャレンジ、6) カナダ・ツアーの順で 獲得ポイントが 少なくなる システムだ。

過去の記録


タイガー・ウッズこのランキングで 1位の座を保持した最長記録は グレッグ・ノーマン (Greg Norman) の 331週であったが それを 塗り替えたのが タイガー・ウッズ (Tiger Woods) で さらに伸ばす可能性も残っているが 現在の記録は 683週である。連続世界 1位保持の最長記録も タイガー・ウッズが打ち立てた 264週だったが(1999年 8月 16日 ~ 2004年 9月 6日)その後、ウッズ自身が 2005年の全米オープンに優勝した後の 6月 12日 ~ 2010年 10月 25日までの 5年 4ヶ月 連続 281週まで 記録を 更に伸ばした。その後は ご存知のように ウッズの怪我やスキャンダルによる低迷期が 2年以上続き、2013年 3月 24日に 当時 ランキング 1位だった ローリー・マキロイを タイガーが抜いて 再び 1位の座を奪還したが その後は 長くは 続かず、結局、そのトータルは 683週で タイガーの記録は ストップした。タイガーの黄金時代以降にナンバー・ワンになった選手は ビジェイ・シン (32) アーニー・エルス (9) リー・ウエストウッド (22) マーティン・カイマー (8) ルーク・ドナルド (56) ローリー・マキロイ (95) アダム・スコット (11) ジョーダン・スピース(26) などが居るが、2016/12/4 現在は ジェイソン・デイ (41) が ナンバー・ワンに居る。

女子 ワールド・ゴルフ・ランキング


女子 ワールド ランキング 2016年末
# 選手 ポイント
1 Lidia Ko NZL 12.19
2 Ariya Jutanugarn THA 8.21
3 In Gee Chun KOR 7.56
4 Shanshan Feng CHN 6.98
5 Lexi Thompson USA 6.64
6 Sei Young Kim KOR 6.50
7 Brooke Henderson CAN 6.21
8 Ha-Na Jang KOR 6.11
9 So Yeon Ryu KOR 6.11
10 Inbee Park KOR 6.05
一方、女子ゴルフにも 世界ランキング (Rolex Women's World Golf Rankings) 制度が 2006年から 導入されおり、その歴史や経緯は 男子のそれとは 違うものの 注目されている。過去 2年間に獲得したポイントが対象となる点は 男子と同じだが、出場試合数の少ない選手は 35 で割り算する点や最大 60試合の制限がない点などが違う。なお、メージャー大会他、権威ある世界レベルの大会出場のための選考基準として使われる点は 男子と同様である。2016年 12月 4日 現在のランキングは 右の通りだが、近年は 韓国選手を中心にアジアの台頭が目に付く。この時点で 10人中 5人が韓国選手だが、所謂 白人の選手は 2名しか居ない。因みに、1位の リディア・コー選手は 韓国系 ニュージーランド選手だ。また、2位の選手はタイ、そして、4位のフォン・シャンシャンは 中国選手で 欧米選手の低迷が 顕著だ。» 公式サイト

日本人選手の動向など


因みに、男子の日本人選手は 年内残り試合がなくなった 2016年 12月 4日 時点で 松山英樹が 6位 (7.72pt)、次いで、34位:池田勇太 (3.24pt)、57位:谷原秀人 (2.43pt)、94位:石川遼 (1.58pt)、97位:小平智 (1.54pt)、99位:片山晋呉 (1.52pt) となっている。2016年末の時点で 50位以内が確定した 松山英樹、池田勇太の両選手は 2017年のマスターズ出場が ほぼ確実となった。なお、松山英樹の世界ランク 6位は ソニー・ワールド・ゴルフ・ランキング(1985 ~ 1999年)時代以降の日本人のランキングでは 最高位である。ソニー時代には 中嶋常幸 4位 (1987年) 尾崎将司 5位 (1996年)、青木功 8位 (1987年) という記録があるが、当時は 世界の選手と同じフィールドで戦った結果として獲得したランキングではなく、日本の大会で活躍した結果がランキングに反映されたものなので 松山英樹の記録と比較すべき性質のものではないとも言えよう。

一方、女子は 2010年 に 宮里藍が セーフウェイ・クラシック (Safeway Classic) に優勝して 2位 米国の クリスティー・カー (Christie Kerr) 、3位 韓国の シン・ジエ 以下の選手を リードし 9週に亘って 1位の座をキープしたことがある。しかし、近年は 低迷、2016年 12月 4日時点で トップ 100 に入っている選手は 21位:野村敏京 (3.61pt)、38位:笠りつ子 (2.43pt)、42位:鈴木愛 (2.25pt)、65位:大山志保 (1.74pt)、69位:渡辺彩香 (1.64pt)、69位:菊地絵梨香 (1.64pt)、76位:宮里美香 (1.64pt)、87位:成田美寿々(1.38pt)、96位:原江里菜 (1.23pt)、100位:吉田由美子 (1.17pt) となっている。因みに、日本では 突出した成績で 2016年の賞金王になった イ・ボミの年末の世界ランキングは 15位 (4.49pt) である。

なお、日本女子の場合は メルセデス・ランキングという年間の活動度を示すシステムがあるが、そのシステムは ワールド・ランキングのシステムとは 少し違いがある。因みに、2016年末のメルセデス・ランキングの 1位は イ・ボミで そのワールド・ランキング 15位、2位の笠りつ子は 38位であった。なお、世界ランキングと メルセデス・ランキングは 評価期間が 2年間と 1年間と言う違いがあるから 順位が一致しないこともある。

はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加



www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP