ゴルフ豆辞典 トップ > 読書室 > カナディアン・ロッキーのゴルフ場のお話 サイトマップ
ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典
コンテンツ目次
全国 ゴルフ場 ガイド
検索  予約

 
ゴルフ読書室

カナディアン・ロッキーのゴルフ場のお話


カナディアン・ロッキーと言えば その中心になるのが バンフ (Banff) 国立公園である。バンフは 国立公園の南に位置する観光の町で、1988年の冬季オリンピックが 開催された町 カルガリー (Calgary) から車で 2時間足らずの距離にある。夏から秋の観光シーズンには 観光客で賑わうところだが、その町にある名門ホテル、バンフ・スプリング・ホテルが運営しているバンフ・スプリング・ゴルフ・クラブのゴルフ・コース(27ホール)を ここでは ご紹介しよう。

スタンレー・トンプソン (Stanley Thompson) の設計によるオリジナルの 18ホールは 1928年にオープンしたものだが、その後、1989年に 9ホールが増設されて、現在の 27ホールのコースになっている。北に サルファー山 (Sulphur Mt.)、西に ランドル山 (Rundle Mt.)、そして、南東に トンネル山 (Tunnel Mt.) と三方を山に囲まれ、そこに 流れるボウ川 (Bow River) に沿って広がる大自然の谷間に造られたコースは 当に ロッキー山脈のパノラマ・ビューを 満喫できるコースだ。サルファー (3,633 yards)、ランドル (3,408 yards)、そして、1989年に増設された トンネル (3,237 yards) の三つの 9ホールのコースがある。

ゴルフコースを囲む林には エルク(大鹿)が生息しており、プレー中にエルクと遭遇することも珍しくない。普段はおとなしいエルクも、5月下旬から 6月上旬、山の雪解けが始まり エルクが出産シーズンを迎える頃は 母親が子供を守ろうとして攻撃してくる場合があるので要注意だそうだ。

古い話になるが、かつて、マリリン・モンローとロバート・ミッチャム主演の西部劇 「帰らざる河」 の舞台になったのが このボウ川で、当時、ほとんどのスタントを 自分でこなしたマリリン・モンローは撮影中に足を負傷したそうだ。そんなことで、彼女は バンフ・スプリングス・ホテルで一ヶ月程 療養し、ゴルフも楽しんだそうだが、その時の写真が ホテルには 今でも 飾ってある。何でも、当時、ホテルのボーイ達は 誰がマリリンの車椅子を押すかを決めるのに 毎日 くじ引きをしてた という逸話も残っている。 » カナディアン・ロッキーの情報と写真

 
 
 
www.mamejiten.com - all rights reserved Site Contents: 本 HP 利用上の注意

TOP