ゴルフ豆辞典 トップ > 読書室 > バイロン・ネルソン (Byron Nelson) サイトマップ
ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典
コンテンツ目次
全国 ゴルフ場 ガイド
検索  予約

GDO Sale
ゴルフ読書室

バイロン・ネルソン


9/26/06、偉大なゴルファーが また一人 故人となった。バイロン・ネルソン (Byron Nelson)享年 94歳である。34歳という若さで引退するまで、彼が ツアープロとして活躍したのは 1935 - 1946年の僅か 12シーズンと驚くほど短い期間であった。しかし、1945年のツアー 11連勝、年間 18勝という記録や 113回連続予選通過など(タイガー・ウッズの 142回に次ぐ史上二番目の記録)ゴルフの歴史に残る幾つもの大記録を残したゴルファーだった。(バイロン・ネルソンの本 "Ouatable Byron" に興味のある人は右の写真をクリック。)

全英オープンに勝てなかったため、グランドスラマーの仲間入りは出来なかったものの、メージャーには 12シーズンという短い期間であったにも拘らず、マスターズ(1937, 1942年)、全米オープン(1939年)、全米プロ(1937, 1942年)と合計5回の優勝をネルソンは果たしている。 そして、PGA ツアーでは通算 52勝を達成した。また、彼は 50回のホールインワンをやったという逸話もある。 » メージャー優勝者の記録とグランドスラマーの記録

バイロン・ネルソンは 血液の病気(blood disorder)のため、第二次世界大戦では 兵役を免除されているが、第二次世界大戦が 彼のキャリアーのピーク時にあり、多くのトーナメントがキャンセルされたことを考えると、病気と戦争さえなければ、彼はさらに偉大な記録を残していたに違いない。因みに、全英オープンは1937年に一度プレーをしただけで、その時の成績は 5位であった。また、彼が大記録を打ち立てた 1945年の平均スコアは 68.33 というもので、2000年にタイガー・ウッズがその記録を破るまでは、誰にも破られることのない不滅の記録だと思われた。

バイロン・ネルソンは 1912年生まれで 奇遇にも ベン・ホーガン(Ben Hogan)、サム・スニード(Sam Snead)といった偉大なゴルファーと同じ年の生まれである。さらに、彼とベン・ホーガンは Glen Garden Country Club というカントリークラブでキャディーを一緒にやっていた時代があり、1927年には、そのキャディー大会で二人が対戦したという記録もある。その時には バイロン・ネルソンが勝利を収めている。ベン・ホーガンが偉大なゴルファーになったのは、バイロン・ネルソンが居たからでもあるようだ。

また、彼は 生涯をテキサスで過ごしたが、1968年には それまでダラス・オープンと言われたトーナメントが、バイロン・ネルソン・ゴルフ・クラシックと呼ばれるようになっている。ツアーゴルフから引退してからは、牧場を運営しながら、テレビの解説者の仕事や若いゴルファーの育成などに携わった。彼の教え子には、ケン・ベンチュリーやトム・ワトソンなどがいる。

 
  クリアランスセール
www.mamejiten.com - all rights reserved Site Contents: 本 HP 利用上の注意

TOP