コンテンツ目次


トム・ワトソンの記録

このページのコンテンツ
• はじめに
• 2009年 全英オープン
• キャリア・レコード
• 幻の大記録
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


トム・ワトソン (Tom Watson) は 2016年 66歳にして 彼の最後のマスターズに出場したが、予選通過に 僅か 2打及ばなかっただけという素晴らしいプレーを見せて そのファンを驚かせた。2010年のマスターズでは オープニング・ラウンドで 60歳にして 67 というスコアも出している。

2009年 全英オープン


そのマスターズの前年の 2009年・全英オープンでは 59歳(60歳に 2ヶ月)のトム・ワトソンが 2 アンダーで 72ホールをホールアウトし、同スコアで 先にホールアウトしていた スチュアート・シンクとのプレーオフをする結果となった。最終日の 18番ホールでの痛恨のボギーは 当に セカンド・ショットでのラブ・オブ・ザ・グリーン(不運としか思えないグリーン手前でのボールのキック)の結果だった。残念ながら 59歳のメージャー・チャンピョンが誕生することはなく、プレーオフで敗れた ワトソンは 前人未到の大記録に今一歩という処で トーナメントの幕は下りた。それでも、二日目に タイガー・ウッズが予選落ちたことで全英オープンの視聴率低下が気になる状況下、ワトソンの活躍は 世界中のゴルファ-の目をテレビに釘付けにした。




キャリア・レコード


ワトソンは ミズーリ―州・カンザス・シティ生まれで 地元の高校を卒業後 スタンフォード大学に進学し 心理学の学位を取得した。大学では ゴルフだけでなく 卓球のチームにも所属していたそうだ。1971年に プロに転向したが 暫くは勝てず PGA ツアー初優勝を果たしたのは 1974年だったが、翌年の全英オープンでは 初のメージャー優勝を果たすことになる。若い人には あまり馴染みのない選手かも知れないが ワトソンは 71回のツアー優勝という素晴らしい記録の持ち主である。その内訳は PGA 39勝(内メージャー優勝 8回)、チャンピオンズ・ツアー 14勝、日本ツアー優勝 4回、その他 14勝 という内容だ。彼の絶好調時は 記録で見ると 1970年代後半から 1980年の前半で 二クラウスの力が 少し落ちてきた頃だが、何と言っても 全英オープン 5 回優勝という記録は Harry Vardon の 6 回の記録に次ぐ、歴代第ニ位の記録である。

トム・ワトソン
トム・ワトソンの メージャー 8 回優勝の記録は 歴代第六位であるが 全米プロに勝っていれば グランドスラムを達成出来た訳で 大変な 記録である。残念ながら 全米プロには勝てなかったが グランドスラムを達成できなかったゴルファーの中でも 最も それに近いところまで行った選手だと言えるだろう。特に 1982年に ぺブル・ビーチで行われた全米オープン最終日、ジャック・ニクラウスとの接戦となった終盤 17番のショートホールでチップ・イン・バーディー(写真右参照)を決めて接戦を制したショットは 多くの人の記憶に 今でも残っている名場面の一つであろう。

メージャー(8回)優勝の記録
マスターズ
1977年/ 1981年
全米オープン
1982年
全英オープン
1975年/1977年/1980年/1982年/1983年
低いボールを打って転がす リンクスならではのゴルフは 高いボールでグリーンを攻めるアメリカン・ゴルフとは異なり 想像力と忍耐力が要求されるゲームであるが、ワトソンは その昔ならではのゲーム・スタイルをマスターした数少ないアメリカン・ゴルファーである。全英オープン 5 回、全英シニア・オープン 3 回の計 8 回の優勝は これからも破られることのない 不滅の記録と言えるだろう。因みに、メージャー優勝回数 トップは 二クラウスの 18 回、次いで、タイガー・ウッズの 14 回(2008年の全米オープンまで)、ウォルター・へイガンの 11 回、ベン・ホーガンとゲーリー・プレーヤーの 9 回と言う記録がある。 » 詳細

一方、シニアの記録は ミュアフィールド (Muirfield Golf Links) で行われた 2007年の全英シニアオープン (Senior British Open Championship) で優勝しており、加えて、2003年 と 2005年の全英シニアオープンでも優勝している。このように 計三回の全英シニア優勝を飾っていることからも分かるように リンクス・コースを得意としている選手だ。 » 全英オープンのお話

幻の大記録


ところで、メージャー優勝者の最年長記録は 48歳 (Julius Boros - 1968 全米プロゴルフ選手権) だから 2009年の全英オープンに もし ワトソンが優勝していたら 最年長の記録が大幅に書き換えられていたのだ。加えて、全英オープン優勝 6回(歴代 1位タイ)、メージャー優勝 9回(歴代 3位タイ)など、ものすごい記録が生まれていた訳だ。三日目が終わった後のインタビューで彼は 3日目もゲームプランの通りプレーしたが 最終日もゲームプラン通りにプレーするだけだと語っていた。ただ、そのワトソンも プレーオフのゲームプランまでは用意が出来ていなかったようで 残念でならない。とは言え、59歳のトム・ワトソンが世の中の50才、60才代のゴルファーに夢を与えたことは 間違い。

はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加



www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP