ゴルフ豆辞典 トップ > 読書室 > ゴルフ用具進化の歴史と将来展望 サイトマップ
ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典
コンテンツ目次
全国 ゴルフ場 ガイド
検索  予約
早割り

 
ゴルフ読書室

ゴルフ用具進化の歴史と将来展望


ゴルフゲームの起源については、オランダ、イギリス、フランス、イタリア説など 様々な説があり定かではないが、ゴルフは昔からスコットランドで 多くの人によってプレーされ モダン・ゴルフの基礎が そこで築かれたことは間違いないことである。

昔のゴルフボールまた、現在のゴルフボールの性能に比較的近い、ゴム製糸巻きボールの出現など用具の進化が、ゴルフコースの設計など、モダン・ゴルフ発展の形に大きく影響を与えたことも間違いのない事実である。

1848年に英国で発明されたガッタ パルチャー ボール (別称 Guttie) から 50年後の 1898年にはゴムのボールが始めて使われるようになり、1901年に Haskell rubber-core ball というボールが出現し、ゴルフを大きく変えていった。当時のボールの表面には、いぼいぼ状の突起が施されていた。(右は当時の宣伝のポスター AllPosters より)

現在のボールのようにディンプルが使われるようになったのは 1908年からと言われている。そして 1930年に 始めてゴルフボールの規格が全英ゴルフ協会によって確立された。現在のゴルフボール規格は重量が 45.93 g (1.620 ounce) 以下、直径は 4.27 cm (1.680") 以上となっている。 » 現在のゴルフボール

その後も、モダン・ゴルフに影響を与えた革新的なアイデアや用具の進化が、次々とゴルフのスタイルを変えて行ったが、主なものをリストにしてみると 次のとおりである。

ゴルフ用具進化の歴史
1848 ガッタ パルチャー ボール (別称 Guttie)
1889 ゴム製糸巻きボール (Haskell)
1912 スチール シャフト
1928 サンドウェッジ
1963 ゴム製グリップ (Golf Pride)
1967 ツーピース ボール
1968 キャビティーバック 鋳造アイアン(Ping)
1979 メタルウッド(Taylor Made)
1991 オーバーサイズ ドライバー(Callaway Big Bertha)
1995 チタン ドライバー(Taylor Made Burner / Callaway Big Bertha)
1996 多層構造ボール(Top-Flite)
1999 ハイブリッド ユーティリティクラブ(Taylor Made Rescue)
2000 ウレタンカバー スリーピース ボール(Titleist Pro V1)

このように振り返ってみると、用具の進化は ゴルフゲームの発展と普及、さらには、ゴルフ関連ビジネスの伸張に大きな影響を与えて来た訳だが、最近では 昔からのゴルフの伝統や文化を重んじるために、また、ゴルフコースの陳腐化を防ぐというような目的のために ゴルフ協会が行き過ぎた用具の性能アップを規制しようと言う動きも一方ではあり、用具の進化によるゴルフスタイルの変化と言うことが、ある意味 一段落した観もある。従って、ゴルフ用具メーカーは、この不況という headwind(向かい風)の中で、当に、多難な時代に突入したと言えるだろう。



読書室トップ   トップに戻る


はてなブックマークに追加
 
はてなブックマークに追加

www.mamejiten.com - all rights reserved Site Contents: 本 HP 利用上の注意

TOP