コンテンツ目次

フェアウェイウッドと ユーティリティ

このページのコンテンツ
• はじめに
• 最近の傾向
• フェアウェイウッド
• ユーティリティ
• 最適な 14本のセッティング
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


昨今のアイアン・セットは PW から 5I までの 6本セットで売られるものが圧倒的に多い。その理由は ロング・アイアンより打ち易い フェアウェイウッドやユーティリティを好む人が多くなったからだが、そんなセッティングをする場合は 幾つかの点に注意する必要がある。

最近の傾向


前述のように アイアンの 6本セットが主流になったので、キャディーバッグに パターとサンド・ウェッジ、PW から 5I までのアイアンを 6本、そして、ドライバーを入れると その合計は 9本 になる。従って、14本のセットを考える場合は フェアウェイウッド(以下、FW)もしくは ユーティリティ(以下、UT)を 最大 5本まで入れてプレーすることが出来る。勿論、アプローチ・ウェッジを入れる人は多いが、それでも FW や UT は 合計 4本まで バッグに入れることが出来、最近の傾向は FW と UT を上手く組み合わせて入れたセットにすると言うものである。 そこで、ここでは FW や UT の違いを簡単にレビューした後に、その 4本 または 5本のクラブを どのような考え方で選べば 最も理に適ったセットになるかということについて考察して見る。

フェアウェイウッド


フェアウェイウッド

番手 シャフト ロフト
3W 43.0" 15.0°
4W 42.5" 16.5°
5W 42.0" 18.0°
7W 41.5" 20.0°
9W 41.0" 23.0°
11W 40.5" 26.0°
まず、FW は 昔からあるクラブであるが、1995年頃までは 5番ウッドまでで、7番ウッドや 9番ウッド、ましてや、11番ウッドと言ったクラブはなかった。ご存知のように、3番、4番、5番ウッドには名前があり、それぞれ スプーン (spoon)、バフィー (baffy)、クリーク (cleek) と呼ばれるが、7番ウッド以上に そうした呼び名はない。そして、FW の呼び名、デザイン、スペックのメーカー間の違いは 比較的 少なく(UT はメーカーやモデルによって違いが大きい)右表のような呼び名とスペックで ほぼ統一されている。4W は例外であるが、通常 偶数の番手のクラブはない。かつては、ブラッシーと呼ばれた 2W が良く使われた時代もあったが、近年は 13°のロフトの FW は 3+W などと表記されるのが一般的だ。そのヘッドは、ドライバー同様、チタン、アルミ、コンポジットなどの軽量素材を一部に使用したものもあるが、あまり大きなヘッドではないし、総重量を ドライバーより重くする必要があるので スチールなど比較的重いメタルで作られたものが多い。 » 詳細

ユーティリティ


ユーティリティ・クラブ

番手 シャフト ロフト
2U 41.0" 17.0°
3U 40.5" 19.0°
4U 40.0" 22.0°
5U 39.5" 25.0°
6U 39.0" 28.0°
一方、UT はハイブリッド・クラブと呼ばれることもあるが、FW とアイアンの中間的な特徴を持つクラブであり、デザイン的には FW に近い 右 (A) のようなものが主流だが、(B) のようなアイアンに近いものもあって、その呼び名、デザイン、スペックのメーカー間、モデル間の違いが大きい。しかし、そうした差こそあれ、そのヘッドの大きさや重心深度、シャフトの長さなどは 右表のように アイアンに近いスペックになっているのが 一般的だ。その呼び名は 同じようなスペックのクラブであるのに 3H、4i、7U などと様々だが、殆どの商品が アイアンのロフトと番手をベースに数字を付けたものである。(稀に、FW のロフトと番手をベースに数字をつけたものがある。)

いずれにしても、UT はアイアンに近い感覚で振ることが出来る一方、ボールが上がり易く、多少 ダフったり、芯を外しても 飛距離のロスが少ないクラブで、安心感を持って使えるというメリットがある。また、FW ほどではないにせよ、同じロフトのアイアンより高い弾道になるのも特徴で、さらに、ラフからのショットが打ち易いというメリットも見逃せない。 » 詳細

最適な 14本のセッティング


以上が FW と UT の特徴と違いであるが、4本 もしくは 5本のクラブのセッティングは (1) 全てを FW にする (2) FW は 1 - 2本とし、残りを UT にする の何れかのスタイルがオススメである。FW が好きな人は (1) のセッティングで、比較的 距離の短いショットはアイアン、そして、ある程度の距離以上のショットは FW という二通りの大きな選択になるから、マネジメントも シンプルにすっきり行うことが出来るというメリットがある。

番手 シャフト ロフト A B C D
1W 45.0" 10.5°
3W 43.0" 15.0°
5W 42.0" 19.0°    
3U 40.5" 19.0°    
4U 40.0" 22.0°
5U 39.5" 25.0°
6U 39.0" 28.0°    
5I 38.0" 27.0°    
しかし、FW があまり得意でない人は勿論のこと、一般的には UT を 2本以上入れることで アイアンと FW のギャップを埋め、ロフトの重複を最小限にするような セッティングがオススメである。右表は その選択をする上で参考にして欲しいものだが、1W と 3W は迷わずバッグに入れるとし 残りのクラブをどのようにするかを考える上で、まずは この表を見てみよう。5W と 3U のスペックが近いから そのどちらを選ぶかを まずは 考える。また、6U と 5I のスペックも近いので、それを どうするかも 考えて欲しい点である。そうすると 理に適った組み合わせは 右の A B C D の四通りになる。

なお、アイアンは 5I も あまり上手く打てない という人も少なくないだろうが、そうした場合は アイアンを 6I までにし、6U を 5I 相当として使うセットにすれば良いと言うことだ。しかし、最近のアイアン・セットのロフトは 5I が 25°/26°とストロング・ロフトのものも少なくないから、そうしたアイアン・セットの場合は、6I が上の表の 5I に近いスペックになっている訳だから、6U を入れる必要性は低いと考えるべきだろう。

いずれにしても、FW が好きな人を別にすれば、6本のアイアン・セットの場合であれば、4U、5U を入れて、5W にするか 3U にするかを選択するのが、最もオーソドックスな考え方になると言えるだろう。なお、前述もしたように、UT の名称とスペックは メーカーによって その差が大きいから、その点は十分注意するようにして欲しい。» 参考

はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加

www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP