コンテンツ目次






クラブ・セレクション(ショートゲームの技)

このページのコンテンツ
• はじめに
• クラブをゆっくり振るテクニック
• 腕の振り幅のコントロール
• ソールの使い方
• 距離調整と プリショット・ルーティーン
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


クラブ・セレクションピンまで 50ヤード。何も考えずに バッグからサンド・ウェッジを抜く。そんなゴルフを貴方はしていないだろうか。200ヤードのような距離のあるショットではクラブの選択肢も限られたものになるが、距離が短いショットでは その選択肢が広くなる。例えば、ピンまで 15ヤードで転がすことの出来る状況であれば ドライバー以外なら どんなクラブも使えるはずだ。しかし、一方では アプローチを サンド・ウェッジ (SW) 1本だけで 対応するという上級者が少なくないのも事実である。その理由は SW の距離のコントロールさえ覚えれば良いので、色々な打ち方を覚える必要はあるが、ある意味 シンプルで 精度が高くなるという考え方である。

しかし、使うクラブを限定してしまうことのメリットとデメリットについて 十分研究した上で そうした結論に達している人は案外少ない。前述の 50ヤードをギャップ・ウェッジ (GW) や ピッチング・ウェッジ (PW) のハーフ・スイングで打たない人は非常に多いと思うが、そんなショットを研究してみる価値は大きい。

クラブをゆっくり振るテクニック


50ヤードしかないのに SW より大きなクラブを使うにはクラブをよりゆっくり振る ハーフ・スイング的 ショットのテクニックを学ぶ必要があるが 大きなクラブをゆっくり振るということには 実は デメリットが二つある。一つ目のデメリット (a) は ヘッド・スピードを 100 から 50 と大幅にダウンさせることの難しさである。つまり、100 を 90/80 にするのは 少し押さえ目にすることで簡単に出来るが、50 即ち 半分にしようと思っても その方法を熟知していなければ 70 になったり、40 になったりで その調整の精度が悪くなることだ。そして、もう一つのデメリット (b) は 大幅にヘッド・スピードを落とそうとすると ボールを打つ前に 体の動きを減速するような ぎこちないスイングになり兼ねず ミスを誘発しやすいと言うことである。

一方、SW を 70 や 80、ましてや フル・スイングに近いスピードで振ると 軸がブレ易いとか、体のバランスを崩しやすいといったデメリット (c) が顕著に見られ、それがダフりや 方向性の悪さという深刻な問題の原因になってる人も 少なからず居る。つまり、ショートゲームにハーフ・スイングのテクニックを取り入れることで 軸のブレやバランスの問題というデメリット (c) の影響が激減するのであれば、デメリット (a) (b) を克服する努力をしてみる価値があると言えるはずだ。個人差は多少あるが、(a) と (b) のデメリットは 練習次第で かなり小さくできるものだ。

腕の振り幅のコントロール


ハーフ・スイングウェッジ・ショットのページでも説明しているように、ヘッド・スピードを落として、距離をコントロールするためには 応分に 腕の振り幅を小さくすることになるが、それと同時に、体全体の動かし方、クラブの振り上げ方についても 上手く出来るような訓練をする必要がある。つまり、バランス良く、なるべく大きな筋肉を動かす力を利用すること、そして、クラブを立てて 使うようにし(コックを正しく入れて)クラブを上手に リリースする打ち方をマスターする必要がある。手首を積極的に使えと言うことではないが、クラブヘッドを上手くコントロール出来るように 手、腕、クラブをスイング・プレーンに乗せて クラブをスーッと振れるようになれば、芯で ボールを捕らえられる確率は断然高くなる。

以上のことを念頭に、まずは、練習場で PW で 50ヤードを打つ練習をしてみよう。腕の振り幅を小さくしつつも 腕の力を抜いて、コックの入れ方(抑え方)に配慮して、アップライトなスイング軌道にクラブを乗せることである。そして、フォワード・スイングでは 躊躇せずに クラブをリリースさせ、それなりにヘッドを走らせることだ。その練習を十分にし、コツをつかんだら、50ヤードを SW と PW で それぞれ 10球ずつ打って、その結果を比べて欲しい。PW の精度の高さに驚く人は極めて多いはずだ。つまり、グリーンにボールが落ちて直ぐに止まる必要がない時には PW のようなクラブでのショットを選択肢として考えるべきなのである。また、今まで GW や PW を使って打ってきた 100ヤードを 9番アイアン (9I) や 8番アイアン (8I) を使って打つ練習もしてみよう。そして、そのショットの精度がどのくらいになるかも チェックして欲しいのである。また、ミドル・アイアンのコントロール・ショットも 同様に 検証してみる価値があると思えば、そこまで研究してみても良かろう。

いずれにしても、スリー・クウォーターやハーフ・ショットの練習をし、その有用性について突っ込んだ研究をすれば するほど、そうしたショットをもっと使うべきだという志向にクラブ・セレクションの考え方が変わる可能性が高いのである。

ソールの使い方


ウェッジ・ソール少し高次元なテーマになるが、ショットのレパートリーを増やすという観点から 同時に研究して欲しいのが ソールの使い方である。基本的には ソールの (A) リーティング・エッジ、(B) ミッド・ソール、(C) トレーリング・エッジの何処を使って(右図参照)ショットをするのかで 異なるショットが打てる訳だが、その点について簡単に説明しよう。

(A) リーティング・エッジを使うには 極端にハンド・ファーストに ダウン・ブローにクラブを落とす必要があるが、そうした打ち方をすれば 低い弾道のバック・スピン量の大きなボールが打てる訳だ。ボールをバック・スピンで止めたい時などに有効なショットだが、イメージ通り ボールが打てない確率の高い ややリスクの高い打ち方だと言えよう。また、(B) ミッド・ソールを使ったショットは 最も オーソドックスな打ち方で(ソールがすべり易い訳だから)最も リスクの低い打ち方で、特別な理由がない限り、このショットを選択すべきである。一方、(C) トレーリング・エッジからクラブ落とすショットは、所謂、フロップ・ショットなど、ボールを上げて打ちたい時に使うべきテクニックである。一般的には 三通りの打ち方の中で 最も リスクの高い打ち方だと言えよう。

距離調整とプリショット・ルーティーン


寄せのショットは 距離をどのように合わせるかが一番のポイントだが、まずは 基準になる距離のショットを確り覚えることが重要だ。チップ・ショットにせよ ピッチ・ショットにせよ、それに使う基本のクラブ 2 - 3本(例えば、SW - PW または SW - PW - 8I など)を決めよう。そして、それぞれのクラブの基準になる距離の打ち方を覚えることだ。

例えば、チップ・ショットでは キャリーを含めて 5 / 10 / 20 ヤードのショットを基準のショットとし、それらのショットを基準に全てのショットの距離の調整が可能になる。仮に、15 ヤードのチップ・ショットを打つ必要があれば、ボールを打つ前に 10ヤード、20ヤードのショットの素振りをし、15ヤードのショットのスイングの大きさとスピードの感覚を見つけ出す方法でも対応できる。勿論、クラブの番手を変えて対応する方法でも良かろう。どのように管理するかは自由だが、1番手大きくなれば、距離は 15% 大きくなると言うような 自分なりの法則を見つければ 良いだろう。

近距離のアプローチ・ショットでは ボールの軌道や転がりをイメージしながら 何度か素振りをし、感覚をチェックし、距離感の確認をしてからアドレスに入る。ボールの前に立ったら、素振りで確認した感触のショットを打てば良いだけだ。アドレスに入って、ピンを見て、素振りもしないで距離を合わせて打つような打ち方では なかなかピンに寄せられないものだ。フル・スイングのショットの場合に 素振りは あまり 必要ないが、こうした微妙な距離のショットでは イメージに合わせた素振りをすることが非常に大切になる。

ピッチ・ショットや コントロールド・ウェッジ・ショットの距離調整も 基本的には 同じ考え方である。こうしたショットに良く使うクラブの基準になるショット、例えば、キャリーで 30、50、70ヤードのショットを SW と PW で打てる様にしておけば、大抵のボールは打てることになる。使えるクラブを限定するのが良いか、逆に、スイングの大きさや速さなどを限定的なものにするのが良いのかは 個人の好みの問題であるが、クラブ・セレクションの幅を広くすることは 有利に働くことはあっても、不利になることはないはずである。色々なクラブが使えるような練習を普段から心がけることをオススメしたい。

なお、上級者のテーマになるが、短目のピッチ・ショットでは 前述のソールの使い方などによって異なる球種のボールが打てる訳だが、そうした球種別に 落下地点までの距離とボールが転がる量の関係に対する理解を深めておきたいものだ。 グリーンの硬さ、速さ、傾斜から 瞬時にボールの転がり方を想像する。それが正確に出来なければ、いくらショットが上手く打てても 良い結果には繋がらないからだ。

いずれにしても、アプローチ・ショットでは、ショットのイメージを作り、素振りでその感覚をつかんでからアドレスに入るということが大切なプロセスであるが、そうした部分を含めたプリショット・ルーティーンを確立することが重要だ。 ボールの前で ターゲットを見ながら 素振りをしてみる。それが しっくり来なければ、別のクラブで違うイメージを作って素振りをしてみる。そんなことを 場合によっては やってみても良いだろう。スロー・プレーにならない範囲で やれる自分のスタイルを作り、それを上手く使ってプレーをする。それが ショートゲーム上達の秘訣である。




www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意