コンテンツ目次





ゴルフ用 帽子、キャップ、ハットの選び方

このページのコンテンツ
• はじめに
• 機能と使用法
• 種類と特徴
• サイズ・大きさの調整
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


ゴルフの時に着用する帽子は 主に 体の保護と ファッションの目的で用いられるが、屋外で長時間 過ごす ゴルフでは 必需品と言っても良いアイテムである。勿論、服装全体のイメージを大きく変えるものだから、お洒落の観点から その形や色に気を配って欲しいものであるが その機能についても 良く理解した上で ベストなものを選んで欲しい。

機能と使用法


ご存知とも思うが、帽子には 直射日光から体を守り、眩しさを 軽減させるなどの機能があり、夏は 熱中症の予防、冬は 防寒の役割も果たす。飛んでくる ゴルフボールが頭にぶつかった時の衝撃を 多少なりとも 和らげてくれるプロテクション機能もある。また、ツバのあるキャップやバイザーは 磁石式のマーカーを付けておくという目的でも使用できるなど、その利用価値の高いもので、特に 理由がなければ 必ず 着用して欲しいアイテムである。

一方、マナーの観点からは クラブハウス内では 基本的に 脱帽。特に、飲食をする部屋に入る時は それを 守って欲しい。また、ゴルフ場では キャップのツバを 後ろ向き、野球のキャッチャーのように被るのも マナー違反で クラブによっては ドレスコードで そうした着用を禁止していることもある。マナーを守らない人は それが当たり前の人達に 大変 不快な思いをさせてしまうことを お忘れなく。

種類と特徴


ゴルフでは 以下のような 様々なタイプの帽子が使用されるが、最も一般的なものは キャップ・タイプ 1)、2) と サン・バイザー 3)、4) である。キャップ・タイプの 一ジャンルとして ワーク キャップ型 5) のようなデザインの帽子もある。キャップ・タイプとバイザー・タイプが良く利用される理由は その機能性にあると言えようが ゴルフらしいデザインとして 広く 受け入れられている面もあろう。なお。レディース (L) のキャップや バイザーは メンズの商品以上に バリエーションが豊富であるが、2) のような 日焼け防止のための大きなツバの付いた商品も 少なくない。また、ハット・タイプ 6) も ゴルフ場では 比較的 良く目にするものだが、キャップのように ツバに マーカーを付けることが出来ないのは デメリットと言えよう。加えて、ハンチング 7)、また、冬は ニット帽 8)、雨の日には レイン用の帽子 9)、10) など多種多様な商品がある。

cap 5 女性用キャップ サンバイザー 女性用バイザー ワークキャップ
1) M キャップ 2) L キャップ 3) M バイザー 4) L バイザー 5) ワーク キャップ

ハット ハンチング帽 ニット帽 レイン用キャップ レイン用ハット
6) ハット 7) ハンチング 8) ニット帽 9) 雨用 キャップ 10) 雨用 ハット

ゴルファーらしさ という観点からは ゴルフ用具メーカーのロゴの入ったキャップやバイザーが最も 良く着用されているが、ちょっと 雰囲気を変えた お洒落をしてみたいという人には ハットやハンチングのような選択肢もある。また、雨用ハットには 軽くて 場所を取らないものもあるので そうしたものをバッグの中に 突っ込んでおけば それが必要になった時に 重宝するアイテムである。同様に、冬は ニット帽をバッグの中に 入れておいても良いだろう。価格的には 3,000円前後のものが 最も売れているようだが セール品には 1,000円台の商品から お洒落なものでは 10,000円以上の商品まで 幅広い価格帯に 様々な商品がある。

サイズ・大きさの調整


サイズの調整最後に サイズであるが、通常、帽子を 確りかぶった時に 帽子と 頭の間に 指が 2 ~ 3本入るくらいが適当なサイズだと言われている。普通、サイズは S M L で表示されるか、58 cm(標準)のように寸法で表示される。キャップやバイザーは そのデザインに 多少の差はあるが 右の写真のように 大きさを 調整できるデザインになっているので、頭の大きな人や小さな人も サイズを 気にする必要はないが、ハットなど調整できないデザインの帽子を ネットで購入する場合は サイズを指定して購入することになる。8割方の人は 標準サイズの 58cm (L) で フィットするようだが、自分のサイズが どうか、一度 確認しておくと良いだろう。

» 各種ゴルフ用 帽子 » ゴルフ用 帽子 - セール » 帽子売れ筋・トップ 20





www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意