ゴルフ豆辞典 トップ → 2章 プロ ゴルファー → 過去の偉大なゴルファー (I I) サイトマップ
ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典
コンテンツ目次


過去の偉大なゴルファー (II)
ジーン・サラゼン
Gene Sarazen: 1902-99

サラゼン1922年に、20才の若さで全米オープンに優勝し、その後メージャー7回の優勝を果たしている。最初にグランドスラムを達成したゴルファーであり、現在、5人しかいないのグランドスラマーの1人でもある。

1935年、第 2回マスターズの最終ラウンド、15番ホール、パー 5 の 2打目 235ヤードを バッフィーでホールアウトした(アルバトロス)1打は、世界に轟き渡ったショット(the shot heard around the world)として語り継がれている。彼は、このショットで最終日 1位タイになり、翌日のプレーオフを、5打差で制した。また、サラゼンは 苦手なバンカー・ショットを克服するために、ソールにバウンスを つけてサンド・ウェッジを 発明した(1930年)ことでも有名である。身長163センチと小柄であったが、ゴルフの神様と呼ばれ、幅広い層のゴルファーに親しまれた。


ウォルター・ヘイガン
Walter Hagen: 1892-1969

ヘイガン1910年、20年代に最も活躍したゴルファーで、全米プロ 4年連続優勝という記録を含め、メジャー 11回の優勝は、タイガー・ウッズに記録を破られるまでは、二クラウスの18回に次いで歴代 2位の記録であった。しかし、1934年にスタートしたマスターズには 優勝しておらず、グランドスラムは達成できなかった。無敵とも思える活躍をしていた頃に、ある有名なゴルフのライターが、彼のことをこう書いたそうだ。

"The difference between Hagen and other players is that he just wins and they don't."

つまり、ヘイガンばかりが勝つということを、こう書いたほど、彼が良く勝ったということなのでしょう。(映画バガー・バンスの伝説にも登場しています。)


 


www.mamejiten.com - all rights reserved Site Contents: 本 HP 利用上の注意