コンテンツ目次

パットの理論 (2)

パットの理論 (1) では 真っ直ぐなラインのパットを打った時に ボールが 狙った方向に転がらないのは パターの軌道よりも フェースの向きのに依る処が大きいと説明をした。そこで、パターのフェースがスクウェアーな状態で ボールをヒットするには どうしたら良いのかと言うことになるが、ここでは その点について解説しよう。

まず、パットをする時の肩と腕の動きだが、右のアニメーションのように振り子のような動きをすることが望ましいとされている。つまり、肩と腕を 振り子のように 動かすことによって パター フェースの向きが おかしな方向に向いてしまうような 手、腕、体の動きを排除する訳である。この時、排除すべきことは パッティング・ラインに対して パターを真っ直ぐ引いて、真っ直ぐに出そうとする意識や 腕を ストロークを通じて 常に パター・フェースがスクウェアーになるように動かそうとする考えである。腕に頼らずに パター・フェースの動きを安定させること大切だ。 » 詳細

加えて、パターをする時に 最も犯し易いミスは 顔が上がると 同時に 右膝が前に出て 肩のラインが開いてしまうことで、そうした打ち方をすれば 体全体が ターゲットより左を指すような形になり、通常は ボールが 左に出て行く。また、もう一つの典型的なミスは ボールを打つ直前に クラブヘッドを減速させてしまうと同時に クラブヘッドが開いて ボールを 右に押し出してしまうパターンである。ディッセル(減速)してしまう理由は 色々あるが、バックスイングのテンポやペースが悪い時に起き易い と考えられる。

パットの理論いずれにしても、フェースが スクウェアーな状態でボールを打つためには 右の絵のように (1) 膝のライン、(2) 肩のライン、(3) 腕のラインなど全てをスクウェアーに保ってストロークをするという方法が最も理に適っている。スタンスや 肩のラインを オープンにしてパターを打つ人もいるが、その場合は 腕のラインだけを ターゲットに対してスクウェアーに保つ必要が出てくるから 全てを スクウェアーに構えてストロークする方法に比べ、不必要なコントロール要因を増やしていることになる訳で、あまりオススメ出来るアプローチではない。

以上、ボールを左右に曲げないためには (1) 膝のライン、(2) 肩のライン、(3) 腕のラインをスクウェアーにして構え、下半身の動きを抑えてヘッドアップしないように、そして、ストロークのテンポやペースのイメージを確り作って その通りに 振り子のようなストロークで 手や腕の力を抜いて打つと良いだろう。 ストロークの途中でスピードを調整するような行為は クラブ・フェースの向きをおかしくさせてしまう原因になるから、そうしたことをせずに打てるような距離調整のプロセス(ルーティーン)を確り確立することも大切だろう。個人差はあろうが、そうした意味では 方向性とスピードの両方に神経を 集中しようとするのは必ずしも 得策とは言えない。

手や腕の力ではなく 上半身のペンデュラム・モションを上手に利用する方法でパター・ヘッドの動きを安定させることでパットの精度は上がるはずであるが、パットのフェースの向きはストロークを通じて 常に スクウェアーである必要はなく、そうしたパットに係わる思考パターンについても考える必要がある。 パター・ヘッドの動きを安定させ、好ましいペースとタイミングでボールを ヒットすることが パットの精度を上げるためには重要なのだ。

はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加

∆ トップに戻る

www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP