ゴルフ豆辞典 トップ > 読書室 > 9時のウェッジ・ショットと距離の調整 サイトマップ
ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典
コンテンツ目次
全国 ゴルフ場 ガイド
検索  予約
 
ゴルフ読書室

9時のウェッジ・ショットと距離の調整


50ヤードや 60ヤードといった中途半端な距離を打つ時に、きちっとしたシステムを持っている人は、案外少ないものです。一方、プロや上級者の間で最もポピュラーに使われているシステムは、時計の針のイメージでバックスイングの大きさをコントロールして必要な距離のショットを打つというアプローチです。

例えば、3 x 3 システムのアプローチを使ってプレーをしている人は、3 種類のバックスイングで 3 本のウェッジを使って (9通りのショットを基準に) 必要な距離を打って行くことになります。


バック スイング
(時計の針)
サンド
(SW)
ギャップ (AW) ピッチング (PW)
7:30 40 ヤード 45 ヤード 50 ヤード
9:00 55 ヤード 65 ヤード 75 ヤード
10:30 70 ヤード 85 ヤード 100 ヤード
時計の針のイメージ

ここで、鍵になるのが 9:00 のショット。10:30 のショットは、所謂、コイルするような動きを入れない状態のフルスイングですから簡単に覚えられるショットだ。7:30 のショットは、この 3種類の中で最も感覚を覚えるのが難しいショットで、9:00 のショットが出来るようになったら、その次に覚えるべきショットです。

まず、9:00 のショットをピッチングウェッジで何度も打ちます。仮に、きちっと打てた 9:00 のショットが 75 ヤードだったとしましょう。そうしたら、そのショットを何度も打ってその感じを覚えます。同じショットで、ギャップウェッジ、サンドウェッジの距離をチェックします。この距離を自分の 9:00 のショットとして確り把握しておきましょう。

9:00 のショットは、覚え易いショットですから大切なわけで、リピータブルなショットですから、基準になるショットとして便利です。このショットが信頼できれば出来るほど、距離のコントロールは正確にできるようになるはずです。

一方、9:00 のショットが上手く、繰り返し、打てるようになったら、7:30 のショットを覚えます。同じプロセスですが、問題は、7:30 のショットの方が、一般的には、覚えにくいショットで、9:00 のショットほどリピータブルではない傾向が強いのです。しかし、それでも基準のショットは 2 つ(9:00 と 7:30)持っていたいものですから(3 つ持つのは 至難の業)それを繰り返し練習して 7:30 のショットのフィーリングと距離感を身につけます。これは、かなり機械的なプロセスですが、確りとやって自分のシステムを作っておきましょう。

このようにして 9:00 と 7:30 のショットを覚えれば、中間の距離のショットが必要であっても、ほとんどの場合、上手く対応できるようになるはずです。練習場では、フルショットばかり練習せずに、このようなショットの練習にも多くの時間を割きたいものです。

個人差はあるでしょうが、ショートアイアンは、10:30 のショットの方がフルショットよりも良い結果が出る人が多いようですから、その距離を良く把握しておいて 8番や 9番アイアンなどで 1番手短い距離のショットなどに実際のラウンドで使ってみましょう。上半身と下半身の間にコイルが入るようなフルスイングばかりしている人は、一度、考えてみてください。10:30 と 9:00 のショット、きっと、大きな武器になるはずです。

商品 リンク(ウェッジ)


• タイトリスト (Vokey) ウェッジセール実施状況 • テーラーメイド ウェッジセール実施状況
• クリーブランド ウェッジセール実施状況 • ミズノ (MIZUNO) ウェッジセール実施状況
• キャロウェイ ウェッジセール実施状況 • ピン (PING) ウェッジセール実施状況
• フォーティーン ウェッジセール実施状況 • ブリヂストン ウェッジセール実施状況
• ナイキ (NIKE) ウェッジセール実施状況 • キャスコ (KASCO) ウェッジセール実施状況
 
 
 
 
読書室 トップ
トップに戻る
www.mamejiten.com - all rights reserved Site Contents: 本 HP 利用上の注意

TOP