ゴルフ豆辞典 トップ > 読書室 > 大きく曲がるラインのパット サイトマップ
ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典
コンテンツ目次
全国 ゴルフ場 ガイド
検索  予約
 
ゴルフ読書室

大きく曲がるラインのパット


Puttingパッティングで最も大切なことは 正しいスピードで打つということ。弱ければ カップに届かないパットになるから 絶対に入らないし、強過ぎれば カップに蹴られたり 大きくオーバーして スリーパットになり兼ねない。特に、大きく曲がるラインのパットでスピードが悪ければ 想定したラインから大きく外れてしまい、スリーパットの典型的なパターンになる。曲がりが大きければ大きい程、スピードの重要度は増す訳だが、中でも、速い下りのグリーンでは、スピードを誤れば、そのミスが増幅される形になるから要注意である。

大きく曲がるラインのパットでは、ただ漠然とラインの上をボールが転がるように打とうとするだけでは上手く行かないもの。失敗を減らすためには、どのような強さで打つべきかが確りコントロール出来るようにターゲットを設定すること。その為には、ボールが転がるであろうと思われる線をターゲットにする人も少なくないと思うが、そうではなく、点をターゲットにすることで コントロールが より上手く出来ることになるだろう。

ライン(スピードと曲がり)を読み、そのライン上をボールが望ましいスピードで転がるイメージを作って、何度か素振りをしてパットのタッチを確認してから ボールを打つ というのが最も一般的なアプローチだが、その時に、そのタッチと打ち出す方向を平らなグリーンであれば、どうなるかと考えて、仮想の(点の)ターゲットを設定する訳だ。言い換えれば、平らなグリーンで そこにボールが転がって止まるようにパットをすれば、最初にイメージした通りにボールが転がるであろうと言う点をターゲットとして設定するのである。そして、仮想の点のターゲットを設定したら、ある意味 アンジュレーションやスピードの事は一切忘れて、そのターゲットにボールを転がすことだけを考えてストロークをするのである。そうすることで 複雑なパットの要素を排除して、単純なパットのイメージに置き換えることが出来るから、迷いのないストロークが出来るという訳だ。

加えて、もう一点、大きく曲がるラインのパットの打ち方で知っておきたいことに、打ち出す方向の決め方という問題がある。フックラインにせよ、スライスラインにせよ、曲がるパットを打つ時に ほとんどのアマチュア/ゴルファーが犯す間違いは(ラインの読み方もあるだろうが、それ以上に)打ち出す方向の決め方で 俗に言う プロサイドに打てずに、アマチュア・サイドに外すパットを打ってしまうことだ。試しに、右のパットのケースで見てみよう。比較的大きなスライスラインのパットで、ラインが図のように読めているが、この時、あなたなら、A、B、C の内、どこを狙って打って行くだろうか? 答えを決めたら 図の ボタンを押してみよう。


A や B の方向に打つと答えた人は少なくないはずだ。つまり、アマチュアが プロサイドに打てない一つの理由は、読んだラインに対して打ち出す方向を正しく設定できないからなのだ。(もう一つの理由は、アマチュアのパットはショートする傾向が強いからだが。)

以上のように、ターゲットのポイントを設定し それを使ってストロークすること、そして、打ち出す方向では、ターゲットがアマチュアサイドに設定されないよう注意することの二点が、大きく曲がるラインのパットを打つ時の注意点である。次のラウンドでは、以上の二点を覚えておいて、活用して見て下さい。

商品 リンク(パター)

トップに戻る

• ピン (PING) パターセール実施状況 • T.P. MILLS パターセール実施状況
• オデッセイ パターセール実施状況 • プロギア (PRGR) パターセール実施状況
• スコッティ キャメロン パターセール実施状況 • ヨネックス (YONEX) パターセール実施状況
• テーラーメイド パターセール実施状況 • ミズノ (MIZUNO) パターセール実施状況
• ナイキ (NIKE) パターセール実施状況 • ベティナルディ パターセール実施状況
 
 
 
www.mamejiten.com - all rights reserved Site Contents: 本 HP 利用上の注意

TOP