ゴルフ豆辞典 トップ > 読書室 > ピンを攻めるゴルフ (2) サイトマップ
ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典
コンテンツ目次
全国 ゴルフ場 ガイド
検索  予約
直前割
GDO Sale
 
ゴルフ読書室

ピンを攻めるゴルフ (2)

ピンを攻める (1) で ピンまでの距離や位置、グリーン周りの状況を確認し、攻めるホールと守るホールを意識してマネジメントすべきだと書いたが、100ヤード以内のフェアウェイからは 難しいピン・ポジション以外では ピンを攻めて行きたいものである。

そんな時、イメージ通りに打ちやすい低いスピンの効いたショット (所謂、ノックダウン・ショット) でグリーンを攻めることが出来れば、風の影響を受け難いというメリットもあり、大きな武器になる。

そうしたショットは アドレスでボールをやや右(後)足寄りに置いて、体重を少し左(前)にかけて、オープン気味のスタンス(スクウェアでも OK)に構え、左手のグリップは 確り目に握って、テイクバックでクラブを低く遠くへは引かずに、コンパクトに真っ直ぐ引いて(インサイドに引かないこと)打つショットである。つまり、肩を大きく回して上半身と下半身をコイルさせるフルスイングではなく、リズミカルに スリークォーターかそれよりも小さ目なバックスイングで打つショットと言うことだ。

このショットを上手く打つコツは、ダウンスイングでクラブヘッドが少しループを描くような形でインサイドへ落ちること、そして、インパクトからフォロースルーにかけては、低くターゲットに向かって打ち抜き、フィニッシュでは腕がターゲットを指すところで止めるようなイメージになることの二点である。

こうして打ったボールは、低くスピンのかかったボールになるから、柔らかいグリーンではボールがすぐに止まるはずだ。つまり、ピンをデッドに狙って打って行けるショットになる。各種ウェッジでのショットは、もちろん、8番アイアンのようなクラブでも使えるショットなので、色々なバリエーションを想定して練習して欲しいショットである。

いずれにしても、ピンを狙うショットでは、距離をコントロールする能力が極めて重要になるが、そうした能力は 普段から 正確なピンまでの距離を知ってショットを打つようにしていないと養うことが出来ないものだから、練習ラウンドでは、距離測定器で ピンまでの正確な距離を 何時も測定してから ショットをするような練習をすると良いだろう。 (参考)

なお、ボールは高く上げれば上げるほど距離を合わせるのが難しくなるから、高いボールは(特に、風のある日は)ピンを狙うショットには適していないということになる訳で、グリーン奥のピンを高いボールで攻めるようなことは、グリーンオーバーした時の寄せが簡単なホール以外では、絶対に 避けたいものである。
 
 
 
www.mamejiten.com - all rights reserved Site Contents: 本 HP 利用上の注意

TOP