ゴルフ豆辞典 トップ > 読書室 > ドライバーのスウィート・スポット サイトマップ
ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典
コンテンツ目次
全国 ゴルフ場 ガイド
検索  予約

 
ゴルフ読書室
ドライバーのスウィート・スポット

ドライバー・ショットかなり前の話になるが、ビージェイ・シンがプレーオフで優勝した 2005年の Shell Houston Open をテレビで観戦していたら、彼のティーショットのクラブヘッドがボールに当たる瞬間をスローモーションで見せていた。思ったより 随分フェースの上の方でボールを打っているので ちょっと驚いたのだが、解説者の話では そのショットだけが フェースの上の方に当たっているというのではなく、そのように当てて飛ばすのだというものだった。記憶を再現したのが 右上の図だが、所謂、スウィート・スポットだと思えるところより少し上の方で打っていたのだ。

なぜ、フェースの上の方に当てて打った方が飛ぶのかを理解するには ギア効果、そして、飛距離の出るボールの打ち出し角とバックスピンの関係について理解を深める必要がある。

ギア効果(横方向)まず、ギア効果だが、それは トウ・サイドで打ったボールが フック系の球に(右イラスト参照)また、ヒールサイドで打ったものが スライス系の球になるようなボールのスピンに係わる効果で、打ち損ねたボールを ターゲットに戻したり、ボールを故意に左右に曲げたりするのに極めて有効な現象である。これは ヘッドの重心深度、フェースのどこにボールが当たるか(オフ・センターの度合い)、そして、ヘッド・スピードによって決まると言われている。一昔前に メタルウッドが上級者に好まれなかった理由は、スチール製のメタルウッドの重心深度が浅いので そうしたボールのコントロールが思うように出来なかったためである。また、 フェースの水平方向の丸み(バルジ)は そうした現象を考慮して、フックするボールが 最初は右に出て 空中でセンターに戻るという形で 方向性が良くなるようにと考えられた工夫の表れである。

最近のドライバーの多くは このギア効果を飛距離を伸ばすために最大限利用するよう デザインされている。つまり、重心が低く、重心深度の深いクラブという設計コンセプトで 左右だけでなく 上下のギア効果を利用して 高弾道、低スピンのボールにするアプローチを取っているのだ。

ギア効果(縦方向)つまり、低重心で重心深度の深いものは 左右のギア効果だけでなく 上下のギア効果(右イラスト参照)を上手く利用して スピン量を抑えながらも 高弾道のボールが打てる という設計コンセプトを取り入れたものだ。重心深度の深いクラブでは 低重心にすれば ギア効果を生むフェース面積をフェース上部だけでなく、中心に近いところまで広げることが出来るから 高弾道・低スピンという(飛ぶ)ボールをクラブフェースのスウィート・スポットかそれよりも少し上で打つ限り 打つことが出来るようになった。さらに、スウィート・スポットより下にボールが当たるような 普通なら 低い弾道になるショットでも ある程度ボールを上げてくれるという 優れたクラブになるというメリットもある訳だ。昔のクラブは 高弾道にすれば 高スピンになってボールが吹き上がり飛ばすことが出来なかった訳だが、この設計コンセプトによって(特に、バックスピン過多で 飛距離を伸ばすことが出来なかった人は かなり 飛躍的に)ボールを飛ばすことが出来るようになった訳である。 » ギア効果 (Gear Effect) 飛ぶボールを打つ鍵

最近のドライバーは ヘッドが大きくなっているので テンプラは 然程 出ないが、ティーアップが低ければ フェースの下の方に当たって距離が落ちるショットが出易い訳だから、その点は十分に考えて、少し高めにティーアップをした方が良いのである。

いずれにしても、ドライバーによって多少差があるとは言え、最もボールが飛ぶスポットは フェースの中央のスウィート・スポットより やや上 にあり、それが 「ホット・スポット」 になるということが どうも 真実のようである。 従って、ドライバーのクラブヘッドが大きくなっている訳だから 違和感を感じる人も居るだろうが、ドライバーショットのティーアップは 高目に というのが どうも 近年のゴルフでは 正解のようだ。
 
 
 
www.mamejiten.com - all rights reserved Site Contents: 本 HP 利用上の注意

TOP