ゴルフ豆辞典 トップ > 読書室 > 2009年全米オープン開催コース サイトマップ
ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典
コンテンツ目次
全国 ゴルフ場 ガイド
検索  予約

GDO Sale
 
ゴルフ読書室

2009年全米オープン開催コース


2009年の全米オープンは 6月 18日 から 21日まで タイガー・ウッズが 2002年に優勝したコースである ニューヨーク州のべスページ (Bethpage) 州立公園のブラック・コースで開催される。


マンハッタンから車で 1時間程度東に行ったロングアイランドにある州立公園 べスページ ステート パークには 2002年の全米オープンが行われたブラックコースをはじめ 全部で 90ホールのチャレンジングなゴルフコースがある。全米オープンでのブラック・コースは 7,214-yard で Par-70 というコース設定になるが、通常はパー 5 の 7番と 16番がパー 4 になる。コース コンディションと天候にもよるが、優勝者のスコアは イーブンパー前後になるものと予想される。 » 全米オープンコースの難易度

 
Hole Yard Par
1 430 4
2 389 4
3 205 3
4 517 5
5 451 4
6 408 4
7 489 4
8 210 3
9 418 4
Out 3,517 35
 
Hole Yard Par
10 492 4
11 435 4
12 499 4
13 554 5
14 161 3
15 459 4
16 479 4
17 207 3
18 411 4
In 3,697 35
Bethpage Black Course (2009 U.S. Open Setting)

べスページ ステート パークにはブラックコースだけでなく、合計で五つのコースがあるが、どのコースも そのレイアウトとコンディションは ミュニシパルのパブリックコースとは思えない素晴らしさである。ニューヨーク州の住民にとっては $36-$60(2009年現在)といった手ごろな料金でプレー出来るので、大人気のコースだ。(日本人を含む州外の人間は住民の倍のグリーンフィーでプレーが出来る。)

とは言え、2002年の全米オープン開催が決定される前には $20 以下のグリーンフィーでプレーをすることが出来た訳だから、この近隣に住んでいたゴルファーにとっては、全米オープンのコースに選ばれ、一躍 世界のトップコースとして知られるようになったことは、ある意味、迷惑なことであったと言えるのかも知れない。
 
 
  クリアランスセール
www.mamejiten.com - all rights reserved Site Contents: 本 HP 利用上の注意

TOP