ゴルフ豆辞典 トップ > 読書室 > シャンク キラー サイトマップ
ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典
コンテンツ目次
全国 ゴルフ場 ガイド
検索  予約

GDO Sale
ゴルフ読書室
シャンク キラー

誰でも一度や二度は、シャンクで酷い目にあったことがあるはず。大抵の人にとっては、忘れた頃に出る嫌なやつと言ったところでしょうが、頻発する人にとっては、深刻な問題。私もこの夏の大きなトーナメントの大事な場面でこれが出て苦い経験をした思い出がある。

最も一般的な原因は、クラブフェースが開いた状態でアウトサイドインかインサイドアウトのスイングをすることだと言われますが、クラブをターゲットに向かって押し出そうとする行為も良くないようだ。また、手首が硬くなってクラブをリリース出来ないような状態で打つとシャンクが出易いとも言われている。ボールから遠ざかって立っている人に良く出るという説もあり、そういう人はもっとボールに近付いて打つようにすると直るそうだ。

一方、シャンクの出ないサンド・ウェッジというのも世の中には存在する。写真のF2ウェッジというクラブですが、クラブのリーディングエッジが見てお分かりのように極端に前に出たクラブだからホーゼルにボールが当たりようがないというデザイン。

シャンクが出ないというメリット以外にも、ラフからのショットが楽に打てるとか、トップやダフりが少なくなる、また、バンカーショットも簡単など、様々なメリットがあるということで評判も良いようだ。

このクラブでボールを打つ時のことを ちょっと想像して見て下さい。不思議とトップやダフりが出ないような気がしてきませんか。因みに、このデザインは特許になっているそうだが、ルール上の問題もないと言う。

ところで、デメリットは? 格好の悪さのようである。美人でないと満足できない人には、いくら掃除、選択、料理が上手でも結婚の対象にはならないといった感じでしょうか。でも、シャンクに悩まされている人には、絶対無視できないメリットのはずですね。最近は、日本でも売られるようになりました。

F2ウェッジの詳細に興味のある方は こちら。
 
 
 
 
www.mamejiten.com - all rights reserved Site Contents: 本 HP 利用上の注意

TOP