ゴルフ豆辞典 トップ > 読書室 > インサイド・アプローチ サイトマップ
ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典
コンテンツ目次
全国 ゴルフ場 ガイド
検索  予約

GDO Sale
ゴルフ読書室
インサイド・アプローチ

先日、友人が練習場に右の写真のような練習器具を持ってきました。その名も インサイド・アプローチ (Inside Approach) というもので、インサイドからのスイングを促すための面白い器具です。40-50センチ位の長さの円筒状のクッションのようなものを写真のようにボールの上に置くのです。

器具を置いて構えてみると、この円筒状のクッションがかなり低いところにあるように見えますから(実際には、かなり、ゆとりがあるようですが)インサイドから低い軌道でスイングしないといけないという、ちょっと大げさですが、一種の恐怖感のようなものが視覚を通じて脳に伝達されるようです。横から掃うように打とうという気持ちに強くさせられました。実際にドライバーショットを何度か打ってみましたが、普段よりも低く強い弾道で、多少、ドローが多くかかったボールが出たので、非常に、良い結果だったと思います。

ご存知のように、クラブフェースが開いた状態、もしくは、アウトサイドインの軌道でボールを打てばスライスのボールが出ます。しかし、この器具を使うとインサイドからこの円筒の下を通り抜けるように打たなければ、円筒のクッションにクラブが当たってしまい、ボールを打つことは出来ませんので、アウトサイドインのダウンブロー気味のスイングで打っている人には、それを矯正するための最適器具と言える訳です。また、特に、スライスに悩んでいない人でも、スイングアーク(特に、フォロースルー)を大きくする効果があり、有効な練習器具だと感じました。

さらに、気付いたことですが、この器具を使うと、ポスチャーで背骨が少し右に傾くようなに構えていたような気がします。スライサーの人はポスチャーで体重が左によって、背骨も左に傾きがちですが、そうしたところからゴルフスイングを矯正してくれる効果がありそうです。


 
 
  クリアランスセール
www.mamejiten.com - all rights reserved Site Contents: 本 HP 利用上の注意

TOP