コンテンツ目次
 
 
はじめに (ウェブ入門)
パソコンの選び方
 ネット接続環境
情報収集のコツ
 サーチエンジン
ウェブ活用法
 ネットショッピング
 ラジオ、ポッドキャスト
 動画 (ビデオ)
 学習プログラム
 ネット銀行、株売買
 掲示板 (BBS)
個人サイト・ブログ
 ウェブサイト作成
 ブログ
 デザイン ツール
 レンタルサーバー
 集客のノウハウ (SEO)
 お小遣い稼ぎ
 ネット広告 (Google)
 アフィリエイト
 アクセス解析
ビジネスサイト活用術
 マーケティング戦略
 新しいサイトの概念
 
 
ビジネスサイト活用術
 
 

ビジネスサイトは、企業の種類や大小に係わらず、極めて重要な役割を果たすことが多くなっている。名刺やパンフレットなどにサイトの URL を印刷するのは もはや 常識になっているし、ウェブサイトの企業イメージで仕事が取れたり、取れなかったりするようなことも珍しくない。ビジネスサイトの使い方や役割は 各企業によって異なるかも知れないが、その基本的な機能と役割はどのサイトでも概ね一緒である。

  企業の顔 (企業イメージ)
  会社案内、製品カタログ、PR (ニュースや宣伝広告など)
  顧客や業者への対応窓口 (良くある質問に対する回答など)
  見積や注文を受ける窓口 (セールス・ツール)
  コンタクト情報、地図、ほか

中でも、企業のイメージを伝えること、商品やサービスの説明をして購買意欲を誘うといった機能は、各企業の業績に直接影響を与える重要な役割だ。また、ウェブサイトと他のマーケティング活動との有機的な関係にも目を配る必要があるはずだ。例えば、企業の新聞広告キャンペーンにウェブサイトの URL を載せるにしても、そのやり方一つで その効果には差が出てくる。しかし、前述のアイテム以外にも求人広告や購買に係わる情報などを載せるなど、その使い方にこれといった決まりがある訳ではない。

もちろん、ウェブサイトのデザインとコンテンツが洗練されていれば、その企業のイメージは上がるし、購買意欲を誘うことにもなる。しかし、そのデザインやコンテンツに魅力がなければ、逆効果になり兼ねない。顧客がいくつかの企業とその商品やサービスをウェブサイトを見るだけで比べることも珍しくない訳だから、以下のようなポイントについて十分注意することが必要だろう。

  美しいデザイン
  分かり易く、操作がし易い
  コンテンツが魅力的 (商品の写真や説明など)
  顧客のニーズに応える内容 (顧客の欲しい情報を良くカバーしているか)

ところが、以上のような点で素晴らしいサイトが出来ても、それを上手に利用しなければ 、宝の持ち腐れになってしまう。 そこで、どのよにしたら、ビジネスサイトの有効活用が出来るのかを考えて見よう。

  ウェブサイトへの顧客の誘導 (サーチエンジン、広告他)
  ウェブサイトを活用する Eメールの使い方
  セールス、マーケティング活動とのコーディネーション

以上は、ビジネスサイト活用のポイントを簡単に説明したものだが、ウェブサイトを上手に活用するためには、まず初めに、ウェブサイトの目的や機能を明確にすることだ。特に、マーケティング戦略の中でウェブサイトをどう位置付けて、それぞれの活動とウェブサイトの有機的なつながりをどう考えるかということを論議してみる必要があるだろう。