コンテンツ目次
 
 
はじめに (ウェブ入門)
パソコンの選び方
 ネット接続環境
情報収集のコツ
 サーチエンジン
ウェブ活用法
 ネットショッピング
 ラジオ、ポッドキャスト
 動画 (ビデオ)
 学習プログラム
 ネット銀行、株売買
 掲示板 (BBS)
個人サイト・ブログ
 ウェブサイト作成
 ブログ
 デザイン ツール
 レンタルサーバー
 集客のノウハウ (SEO)
 お小遣い稼ぎ
 ネット広告 (Google)
 アフィリエイト
 アクセス解析
ビジネスサイト活用術
 マーケティング戦略
 新しいサイトの概念
 
 
上手な情報収集のコツ
 
 

欲しい情報をゲットするには GoogleYahoo Japan また MSN Japan のようなサーチ (検索) エンジンを利用するのが一般的である。しかし、キーワード・サーチは、キーワードの打ち込み方によって結果が大きく異なるから、ただ単に一つのキーワードで検索するだけではなく、複数のキーワードを組み合わせることやキーフレーズ (短い文章) を上手く使うテクニックなどを覚えるとサーチの結果にも違いが出るはずだ。欲しい情報のキーワードを直接打ち込むことが有効なこともあるだろうが、場合によっては、間接的なキーワードを使うことが有効なこともある。単純なキーワードの組み合わせでサーチした場合は、メージャーなサイトがサーチ結果に多く出ることになり、逆に、キーフレーズ (短い文章) などを組み合わせるとブログや個人のサイトが多く出る傾向があると覚えておくと良いだろう。また、ウェブサイトのタイプには、様々なものがあるが、どんなサイトかは、その URL を見れば概ね見当が付くから、キーワード・サーチの結果からどのウェブページをクリックするかは そのページのタイトルや記述だけでなく URL も参考にすると良いだろう。また、ウェブで見つけることが出来る情報は 必ずしも信頼できる情報ばかりではないから、情報の信憑性は その情報のソースを見て判断した方が良いだろう。なお、国外の英語のサイトを検索する場合は、Google や Yahoo でも .com 版のサーチエンジンを使うと良い。

また、継続的にある企業の活動や業績に関する情報を入手したい場合、あるいは、特定の製品や技術に関する情報をチェックしたい場合などは、Google アラーツ (alerts) という無料のサービスが大変便利だ。キーワードやキーフレーズを登録すると、定期的にメールで関連情報を送付してくれるサービスである。さらに、RSS を上手に利用する方法なども研究すると良いだろう。

なお、キーワード・サーチで欲しい情報を見つけ出すことが出来る場合とそうでない場合があるから、サーチをする前にその見極めをすることも ポイントである。 キーワード・サーチで直接欲しい情報の載っているページを探すことが難しいと判断した場合は、欲しい情報を提供してくれそうな組織や団体などのサイトを探して、その中にそうした情報がないか、サイトマップなどを利用して探してみよう。統計資料などであれば、関係各省庁やその外郭団体など、また、企業情報などであれば同業者組合のサイトなどが役立つこともある。一方、インターネットのフリー百科事典、ウィキペディア (Wikipedia) などを利用する方法も便利で、百科事典に記載されていそうな言葉などであれば サーチエンジンを利用せずに 情報をゲットすることも出来るはずだ。