コンテンツ目次

首都圏ゴルフ場ガイド

OB のある狭いホールの攻め方

OBOB のある狭いホールで スコアを大きく崩してしまったという経験は 誰にでもあると思うが、度々 同じ ミスを繰り返す人は そうしたホールの攻め方について 考え方を 変える必要がある。

ティーショットは 少しでも 遠くに飛ばしたい という願望をほとんど誰もが持っているものと思うが、実は、ティーショットで飛距離をゲインしても スコアメイクに 大きく貢献するというケースは 案外少ないのである。大雑把な考え方になるが、ティーショットで 10ヤードの距離のゲインをしても、スコアの面からは 0.1 ストローク相当くらいのゲインにしかならないのが普通なのだ。

一方、ティーショットで OB になったり、トラブル・ショットになってしまった場合は OB であれば 2ストローク、やや大きなトラブルであれば、1ストローク、比較的マイナーなトラブルでも 0.5 ストローク相当のダメージを受けることになる。つまり、OBやトラブル・ショットの可能性が 高くなったら、距離を稼ぐことによって得られるゲインよりも 遥かに大きなダメージを被るリスクを 背負うことになる訳だから、そうしたリスクを取るようなクラブ選択は 得策ではない という理屈になる。ある意味 当然なことだが、数字で考えてみると、その損得は より明確になるはずだ。

例えば、狭いホールで ティーショットをした時の OB の可能性が 5番ウッドで 仮に 10%、そして、ドライバーでは 30% だとしよう。そこで、ティーショットを ドライバーではなく、5番ウッドで打てば OBに係わるダメージのポテンシャルだけでも 2ストローク x 20% = 0.4 ストローク 低減することになる。加えて、他のトラブルの可能性も応分に減らせるだろうから、そうしたホールで ドライバーによるティーショットを選択しないことは、大きなプラスになる訳だ。さらに、このティーショットを 4番アイアンやユーティリティで打ったら OB の可能性が 5%以下になるとしたら、5番ウッドではなく、そうしたクラブがベストなチョイスになる可能性が高いということになる。

特に、距離の比較的短い(例えば、320ヤード位の)ミドルホールでは、ドライバー以外の様々なクラブでティーショットをすることを考えて見るべきだ。320ヤードのホールのティーショットを ドライバーで打って 仮に 240ヤード飛ばせたとしても グリーンへのショットは 80ヤードだ。しかし、ティーショットが 200ヤードしか飛ばなくとも グリーンへのショットは 120ヤード。個人差もあろうが、80ヤードのショットと 120ヤードのショットの難易度の差は 小さい と感じる人が多いはずである。

つまり、ドライバーで打ったら 2回か 3回に 1回は OB するようなホール(特に、距離の短い ミドルホール)では、ドライバーを使うべきでないという結論に達する訳だ。スプーン (3W) や クリーク(5W)が良いのか、ユーティリティ (4U) が良いのか、それとも、5番アイアン (5I) でティーショットをすべきかは 一概には言えないが、OB のあるホールでは OB になる可能性が 10% 以下になるようなクラブという考え方を目安に ティーショットをすることを 常に 考えるようにすると良いだろう。

そして、普段から そうしたことを意識した練習を十分しておきたいものだ。フェアウェイウッドやユーティリティ、そして、ロングやミドル・アイアンなどで 色々なケースを想定して ティーショットを打つ練習をして欲しい。そして、どんな状況でも OB の心配なく 自信を持って打てる(ドライバーの 80% 位の飛距離の)ショットを作っておくことを オススメしたい。


www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意