コンテンツ目次



ゴルフ・スイング理論 / 2 レバーシステム

このページのコンテンツ
• はじめに
• ゴルフ・スイングのタメ
• 2 レバーシステム
• Search for the Perfect Swing
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


1968年にイギリスの The Golf Society of Great Britain が 監修した Search for the Perfect Swing という本があるが、その中で ゴルフスイングを 理解するために 2 レバー システム (2 lever system) という概念が 紹介されている。腕が upper lever で クラブが lower lever、そして、その二つを つなぐものが リスト (wrists) であり、この 2 レバーと リストの関係を 良く理解することが、良いゴルフ・スイングを 理解する上での鍵である と説明している。

ゴルフ・スイングのタメ


同書では、フォワード・スイング(ダウン・スイングとも言う)で腕が落ちる動きは ほぼ 8時のポイントまでは 加速モードで、腕が そこまで落ちた時に 減速モードになり、それが クラブ(lower lever)と クラブヘッドに遠心力(CF)を生んで リストが自然とリリースされながら クラブヘッドが 加速されるというのが 正しいゴルフ・スイングのメカニズムであると説明している。そのリストが リリースされる時に 貯めてあったエネルギー (angular momentum) が クラブヘッドを加速し、無理なく レート・ヒット(所謂、タメの効いたショット)が 可能になる仕組みだと言うことだ。

2 レバーシステム


まず、バック・スイングで 左腕が大きく曲がってしまうと この 2 レバー・システムの conservation of angular momentum という行為が阻害されるということである。つまり、フォワード・スイングで曲がった腕が伸びる時に 遠心力が生じて、リストがプリマチュアーな(早い)段階で リリースされてしまうので 8時の段階で 既に リストが ほとんど リリースされてしまった状態になってしまう。従って、インパクトゾーンで この angular momentum を 上手く使うことが 出来ないというのが同書の説明である。右の動画は、リストが正しくリリースされた時の状態を 示したものである。

Search for the Perfect Swing


ゴルフ教本また、2 レバーの概念に沿ったスイングの要は リストのコックとアンコックにある訳だが、腕や手、そして、手首の力を抜いてスイングすることが 正しいリストの動きを促すためのポイントになる。そして、正しいグリップの重要性についても 十分認識する必要があるだろう。 いずれにしても、今回 紹介した "Search for the Perfect Swing" に興味のある方は 以下のリンクを クリックで。

» Search for the Perfect Swing




www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意